ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

【資格】大海原を自由に駆け巡りた~い!! 水上オートバイに乗る事が出来る『特殊小型船舶操縦士免許』を取得してきました!

もやい結び 基礎編 By  株式会社ファーストポート
https://youtu.be/ELZeMCOA0og

「クリート結び」

クリート結び
https://youtu.be/hbdCujRv7o4

くらいは最低限気合で覚えておきましょう。←ここ重要ですよー!

発航前点検が終わったら、講師の先生と二人乗りで水上オートバイに乗り込みます。勿論最初はワタクシは後ろ。

P1050472

最初は講師の先生が水上オートバイを操縦します。ちなみに後部座席には取っ手がついているので、別に講師の先生の腰に抱き着く必要はありません。

先生「ではちょっとスピード出しますよー!」グワーン

水上オートバイが滑走を始めました。みるみるスピードが上がってまいりました。実は水上オートバイは全くの初体験。後ろに乗るのも初めてです。みるみるマリーナから離れていきます。結構沖まで出るんですね。知らんかった。

キャプチャ

(初乗船の感想)「うわわわ・・・・こ、怖ぁ~いっ!!!」

想像以上にスピード感を肌身に感じる、スリリングな乗り物でありました。
・・・とはいえ、しばらくすると、スピード感にもすぐに慣れてしまい、だんだん乗っているのが楽しくなってきました。

キャプチャ

(乗船後しばらく後の感想)「・・・こ、これは結構気持ちいぃかもしんない!」

スピード感にもすぐに慣れた所で、実技の運転の講習が始まります。発進、停止、旋回、スラローム・停止、8の字走行、スラローム、人命救助といった内容を覚えていきます。

さて、水上オートバイの特徴として

※ブレーキが無い(エンジンの回転を落とせば水圧で止まる)
※方向転換するには前進する必要がある

特に、方向転換するには前進しなければいけない、という感覚は陸上の乗り物では無い感覚なので、注意が必要です。危険物にぶつかりそうな場合でも、エンジンを吹かさないと避けられないのです。自動車の世界と感覚が違うので、これはちょっとびっくりですね。

また、船の世界は、航行区域には制限が色々あるものの(特殊小型船舶操縦士免許の場合は、湖川及び海岸から2海里(約3.7㎞))、危険が無いのであれば、航行速度何ノット上限、といった航行速度の規則はありません。これもちょっとびっくりですね。
でも安全航行は必須です。お忘れなきよう。

最初はどうなる事かと思いましたが、スピード感に慣れる事が出来れば、おそらく自転車やバイクより水上オートバイの操縦はカンタンかもしれません。但しエンジンの吹かし方が、結構微妙な操作加減を要求される(ちょっとの吹かし方の差で回転数がすぐ上がってしまうので、少々慎重な操作を必要とする。)のと、波や風に流されるので、思った方向に進むのに、少し慣れがいる以外はなんとかなりそうな感じで実技講習が終わり、終了試験となりました。

ロープワークにちょっと手間取ったものの、なんとか終了試験も終わり、なんとか合格となりました。
その後また5時間かけて、天草温泉旅行から帰ってまいりました。(・・・あれ?)翌日の会社出勤はちとキツかった・・・。( ;∀;)

2f4ca6837d665fea6dd35948a9479bb6

水上オートバイに乗る事が出来る『特殊小型船舶操縦士免許』。
これを取っ掛かりにして、更に上位の資格に挑戦していきたいですね!」

※Girlsイラスト:http://furu-yan.jimdo.com/(筆者自筆)
※イラスト:さし絵スタジオ2 http://www.clip-studio.com/clip_site/download/sashie/sashie_top
※イラスト:GATAG|フリーイラスト素材集 http://free-illustrations.gatag.net/
※画像:GATAG|フリー素材集 壱 http://01.gatag.net/
http://myds.jp/file/banner.shtml
※取材協力:JEIS西日本【株式会社 日本船舶職員養成協会西日本】http://jeis-west.jp/

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: FURU) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

前のページ 1 2 3 4 5 6 7
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき