ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「尾木ママがBPOの委員だった」 アナログ停波特番(2)

津田: 確かにね。

池田: それはだって、いわばローカル局でスタジオがあるだけでできてしまうわけだけど、例えばドキュメンタリーを作ろうということになると、こうやって人を集めるというだけではまったくできない。

津田: そうですね。

池田: あるものだけを撮ったって、それはもうニュースの映像みたいなものしか撮れないわけ。だからドキュメンタリーとしてちゃんと作ろうと思うときには、例えば昔「新日本紀行」なんて番組があったけど、ロングの絵からずうっとズームインをしたら、おじいちゃんが向こうから歩いてくるなんて、そんなおじいちゃんがタイミング良く歩いてくるはずないんだから、それは「はい、お願いします」と(合図の)キューを出すに決まっているわけですよ。つまりドキュメンタリーというのは、ある種の物語をやっぱり作らないといけないわけ。まあ、民放はどうか知りませんけど、僕なんかがNHKでおそらく一番大きな訓練を受けたのは、どういう風にそういう状況を再現するかというとこが、ある意味で腕の見せ所なわけ。

津田: うん。

池田: 例えば、新聞の記事だったら誰々さんは何月何日、ここをこう行ってこういうことがありましたと、字で書くのは簡単だけど、それをテレビでそういう状況を再現するのはものすごい手間がかかるわけ。こういう風につまり、ネットメディアがいま気楽に作れているのは、こういう風にただ集めるだけで成り立っているからですよ。これを、ああいうストーリーのあるドキュメントなり、あるいはドラマなりを作ろうと思うと、格段にコストがかかる。そこにさっきの作為がいっぱい入ってくるわけ。それはいけないといったら、もうほとんどそいういうものはできない。

津田: 宇野さんも僕も「いけない」という風に思っているのではなくて、単純にリアリティを感じなくなっているネットユーザーがたぶん多いと思うんですよ、それは。

吉田: これは報道の話なんですか、ワイドショーの話なんですか、ドキュメンタリーの話ですか、バラエティの話ですか、どこの話? その「嘘」とかなんとか言っているのは。

津田: たぶんインターネットで叩かれているのは情報バラエティとか、あとはニュース番組。

宇野: つまりこれ、カメラを回していて映像はそこにあるんだから、「これは結構そのまま映していますよ」「本物ですよ」というメタメッセージをテレビというのは常に出しているわけですよね。それにもかかわらず、そこに作意が露骨に入っているということに対する不信感というのは、たぶん強まっていると思うんですよ。なので、何かカメラがそこにあって状況をただ映しているというのは、やはりだだ漏れのリアリティみたいなものに頼るしかないと思うのです。そこでディレクターだったりプロデューサーの意図だったりとかストーリーというのを必要以上に大きくしてしまうと、何かおかしいことになってしまう。

池田: でも、それでやれるのは本当に限界があるよ。つまり僕らも一時期、作り過ぎのドキュメンタリーに対する反省というのがあって、「あるがままに撮りましょう」と。特にENGといわれるビデオカメラができた初期、80年代の後半くらいというのは、昔のフィルムというのは3分で切れちゃうから本当に徹底的に作り込んでセッティングして撮らないといけないんだけど、ビデオはわりと「だだ漏れ」というか回しっぱなしで撮れてしまうから、比較的演出なしでカメラを据えっぱなしで撮ったりしていた。そうすると、しばらくやってみてわかったけど、やっぱりそれはものすごい手間がかかる。

 言ったら悪いけど僕ら「仕込み」といっているけど、「仕込み」でやったら1時間くらいでできることをほとんど1日くらいかかってしまう。さすがにENGで比較的昔よりは撮れるようになったけど、そうはいってもやっぱり「仕込み」はないと、どうやってもある程度の完成度の番組はできない。

福原:この話だけでたぶん2~3時間・・・。改めてどこかでやっていただいて。

吉田:先生、それはダメです。いま「仕込ん」ではダメ。

池田:ダメなの?

吉田:仕込んじゃダメだと僕は思いますよ。

「ゴールデンに出ようとは1ミリも思わず深夜番組を作った」 アナログ停波特番(3)
http://news.nicovideo.jp/watch/nw91612

(協力・書き起こし.com

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送]全文書き起こし部分から視聴 – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv57321563?po=news&ref=news#0:19:01

【関連記事】
アナログテレビ放送、完全停波 日テレでは「鳩の休日」が流れる
アナログ放送、終了
池田信夫氏、地デジ化は「テレビ業界の古いビジネスモデルを守るため」
ネットとリアルの融合を実現したニコファーレの次世代ライブ
米携帯通信事業者が「定額制」廃止 ネットで「日本も他人事じゃない」との声

前のページ 1 2 3 4 5
ニコニコニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy