体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【最速レビュー】新作スター・ウォーズをフィルムIMAX劇場で見てきた!【ロンドン】

予告編でも何度も登場した空中戦。本作では戦闘機同士のドッグファイトが非常にアツい!

スクリーンショット 2015-12-17 15.58.25-s

スター・ウォーズのお家芸とも言えるスレスレ飛行のオンパレードも健在。

スクリーンショット 2015-12-17 15.57.30-s

CG技術のさらなる進歩で、今作では美しい情緒的な風景が増えた印象を受ける。

「家族」の物語

スクリーンショット 2015-12-17 15.56.59-s

監督がジョージ・ルーカスからJ・J・エイブラムスへと変わって、その変化が気になっている方もいるかもしれないが、本作は正真正銘のスター・ウォーズと言える。なぜなら今作でも「家族」がテーマとなって、しっかりとストーリーを支えているからだ。その奥深いテーマについては、是非劇場でじっくりと味わっていただきたい。

スクリーンショット 2015-12-17 15.59.34-s スクリーンショット 2015-12-17 15.58.07-s

少しキャラ紹介&注目ポイント

スクリーンショット 2015-12-17 15.58.45-s

今作ヒロインのレイ。とっても元気で頑張り屋さん、今までスター・ウォーズには居なかったようなタイプのキャラクターだ。

スクリーンショット 2015-12-17 15.59.57-s

もう一人の主人公のフィン。個人的には、見る前と見た後では印象が変わるキャラNo.1と言える。

スクリーンショット 2015-12-17 16.01.07-s

おなじみハン・ソロ。全くブランクを感じさせないハリソン・フォードにはただただ驚くばかり。ちなみに、劇場ではハン・ソロ&チューバッカ登場時が最も大きな拍手と歓声が聞こえた瞬間だった。

スクリーンショット 2015-12-17 15.57.21-s

今回、新しいアイコンとして大々的にフォーカスされているBB-8。このドロイドが演じる役割は物語でも非常に重要なのだが、とにかく全ての動きがコミカルでかわいい。歴代キャラクターと較べても、BB-8の人気度が一気に上位に食い込む事は間違いないだろう。
もちろん、もはや伝統とも言えるキャラクター同士のコミカルな掛け合いが今回はかなり多めで面白い。上映中には少なくとも10回は大爆笑が起こっていたぞ! 是非注目して見て欲しいポイントだ。

スクリーンショット 2015-12-17 16.00.11-s

今回の悪役カイロ・レン。かなりベールに包まれた人物なので、色々想像してから観に行くといいかもしれない。

スクリーンショット 2015-12-17 15.57.45-s

ストームトルーパー達。
正直に言うと、今回は結構目立ってます。

とにかくIMAXおすすめ

残念ながら日本では行われていないフィルムIMAX上映だが、もし観る機会があれば是非おすすめしたいIMAX鑑賞レポ、如何だっただろうか?
改めてIMAXのインパクトの大きさを思い知らされるとともに、スター・ウォーズの新しい世界を垣間見る事ができてこの上なく興奮した劇場体験だったので、この記事を読んだ皆様も是非IMAXでスター・ウォーズ体験、おすすめです!

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」予告編2
https://www.youtube.com/watch?v=SdAUiyeJMFQ

※映画画像は『Youtube』(https://www.youtube.com/watch?v=SdAUiyeJMFQ)より引用。それ以外は筆者撮影。

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 106) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

前のページ 1 2
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。