ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

聖者が街にやってくる! パンクロックで祝うクリスマス5選

早いもんで、12月も中旬! 街はイルミネーションに彩られ、クリスマスムード満載。マライア・キャリーの「All I Want For Christmas Is You」や、今年のクリスマスの定番曲となったback numberの「クリスマスソング」が街中で繰り返し流れてますが、「クリスマスが近づくと、この曲が聴きたくなる」という自分の中の定番曲が必ずあるはず。今回は数多あるクリスマスソングから、クリスマス・パンクソング&名カバーをセレクト。独り身くんもこれでクリスマスが寂しくない!

LAUGHIN' NOSE「聖者が町にやってきた」のジャケット写真 (okmusic UP's)

1.「サンタクロース」(’02)/ELLE GARDEN
パンクバンドのクリスマスソングと言って、この曲が思い浮かぶ人も多いはず。02年発売の1stアルバム『DON’T TRUST ANYONE BUT US』に収録された、ELLE GARDENのクリスマスソング。《起こしちゃったかい じゃあちょうどいいや》とささやくような歌声で始まり、重厚なパンクサウンドに乗せて、“年に一度だけだから”と大切なキミへの切実な想いを歌に乗せて届ける。結局、記念日なんちゅうのはそういうもんで、大切な物ってのは、何かきっかけがないと思い出さないもんだから。クリスマスという記念日やこの歌をきっかけに、聖なる夜くらいは大切なあの人に全部捧げちゃってください!

2.「白いクリスマス」(’89)/JUN SKY WALKER(S)
89年リリース、“ビートパンク”とジャンル分けされ、2ndシングル「歩いていこう」で全国区となったジュンスカの人気を不動のものとした大名曲。“ビートパンク”の言葉が表すように、エネルギッシュで勢いのあるイメージの強いバンドだが、この曲のようなセンチでメロウな歌や世界観にこそ、ジュンスカの真骨頂があると思ってて。熱狂的な女性ファンが多かったのも、そこに理由があるのでは?と勝手に分析してる。05年には175Rがカバーし、両A面シングルとしてリリース。ちなみにジュンスカが歴代シングルで1位を獲ったのはこの曲だけ。

3.「HAPPY X’MAS(WAR IS OVER)」(’71)/ジョンレノン
71年発表、ジョンのソロとして代表曲のひとつで、今もクリスマスシーズンになると、必ず流れる大名曲。パンクバンドじゃねぇじゃねえか!とツッコミが入りそうだが、“思想や姿勢がパンク”とかいう話じゃなくて。97年にリリースされた、Hi-STANDARDのこの曲のカバーがiTunesになかったので、オリジナル曲のほうをセレクトしました。ハイスタの洋楽カバーセンスは俺ごときが改めて言うことではないけど、この季節になるとどうしても聴きたくなる名カバー! 当時はWIZOとのスプリットEPとして、7インチで発売。あの時購入した7インチは、当時好きだった子にカッコ付けてプレゼントしちゃいました(笑)。この曲はLOVE PSUCHEDELICOや槇原敬之、flumpool、あと『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』の企画ユニット・ウリナリオールスターズもカバーしてます。

4.「Merry Christmas Mr. Lawrence」(’83)/坂本龍一
83年リリース、大島渚監督作品『戦場のメリークリスマス』サウンドトラックに収録された、坂本龍一の楽曲の中で“もっとも知名度が高い”と言われる大名曲。こちらもパンクバンドじゃねぇですが、ぜひ聴いてほしいのがROTTEN GRAFFTYが03年にリリースした、ミニアルバム『Synchronicitizm』に収録された、この曲のマッシュアップ曲「悪巧み ●Merry Christmas Mr. Lawrence」。初めて聴いた時は、この大ネタを使った発想とセンス、そしてカッコ良さにぶっ飛んだ名曲! さらに09年、FACTがアルバム『FACT』にて、この曲をカバー。こちらもめちゃくちゃカッコ良いのですが、カバーセンスとともに色褪せることのない普及の名曲の凄まじさにも、改めて感涙。オリジナルと合わせて、ぜひ聴いてください。

5.「聖者が町にやってきた」(’85)/LAUGHIN’ NOSE
パンクロックのクリスマス・カバーといったら、これを外すわけにはいかない! 85年4月、今も伝説として語り継がれる、新宿アルタ前の“ソノシート無料配布事件”で配られたソノシートに収録されていた楽曲。86年リリース、ミニアルバム『SOS』にも収録されているこの曲、《俺の街はゴミ溜めのようさ》と始まる歌詞がとにかく最高で、パンクロックと聖なる夜を結び付けたこの曲こそ、クリスマス・パンクソングの最高峰! 余談ですが、原曲である「聖者の行進」はアントニオ猪木がモハメド・アリとの対戦で入場曲に使用。それ以前も使ってたらしいが、世紀の一戦の入場曲が「聖者の行進」ってセンスが最高!

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。