ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • あのシーンはアドリブから生まれた!『ファンタビ』の素敵カップル ダン・フォグラー&アリソン・スドル インタビュー
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • CMのオファーが欲しい!本郷奏多の中のエンヴィー<嫉妬>炸裂!? 映画『鋼の錬金術師』撮り下ろしインタビュー
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『ファンタビ』大切にしたのはティナがあの場面で「嫉妬心を出さないこと」キャサリン・ウォーターストン インタビュー
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 撮影現場は天国だった!?映画『恋のしずく』小野塚勇人インタビュー 大杉漣との思い出や“ライダーあるある”も
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

映画『クリード チャンプを継ぐ男』のライアン・クーグラー監督、映画『Black Panther(原題)』を監督することを交渉中

Sundance Institute Ryan Coogler

本紙ヴァラエティが複数の情報筋から確認したところ、映画『クリード チャンプを継ぐ男』のライアン・クーグラー監督が、マーベル映画『Black Panther(原題)』の監督を務めることを交渉中だ。

同作は、ケヴィン・ファイギがプロデュースを手掛け、チャドウィック・ボーズマンが、父が殺害された後その力を継承しなくてはならないアフリカ・ワカンダの王子ティチャラ(ブラックパンサー)を演じる。

ジョー・ロバート・コールが脚本を執筆中だ。

スタジオがクーグラー監督に同作の監督を務めるようアプローチしたのは、今回で2回目である。当時、クーグラー監督は自身が適任だと感じておらず、その前にとりかかっていた映画『クリード チャンプを継ぐ男』を完成させるために、撮影後の編集作業に戻った。『クリード チャンプを継ぐ男』の監督が終わった今、クーグラー監督が気持ちを切り変えたことで、スタジオはクーグラー監督に『Black Panther(原題)』の監督をオファーした。

マーベルは以前、エヴァ・デュヴァネイ監督と、F・ゲイリー・グレイ監督を同じく候補として考えていた。『Black Panther(原題)』は、2018年7月6日に米劇場公開する。

『クリード チャンプを継ぐ男』は、公開初週末で4000万ドル以上の興行収入をもたらし大成功し、アワードの評論家たちは、同作が間違いなくアカデミー賞の候補作となると見ており、クーグラー監督は映画業界の中でも注目監督の一人として見られている。クーグラー監督は、サンダンス映画祭の映画『フルートベール駅で』でデビューした。同作は、『クリード チャンプを継ぐ男』にも出演した俳優マイケル・B・ジョーダンのキャリアも開花させた。

クーグラー監督は、ウィリアム・モリス・エンデヴァー・エンターテイメント(WME)と代理人契約を結んでいる。このニュースはバース・ムービーズ・デス(Birth.Movies.Death)が最初に記事にした。

Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき