体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

お土産にもおすすめ!ベルギーのチョコレートブランドTOP10

Photo credit: Asami Yamada「【絵本の世界ブルージュへ】チョコとビールを求めてベルギー日帰り1人旅」

Photo credit: Asami Yamada「【絵本の世界ブルージュへ】チョコとビールを求めてベルギー日帰り1人旅」

TRiPORTライターのさとりんです。
ベルギーを代表するチョコレート。日本でも多くの人から愛されているベルギー産のチョコレートブランドがたくさんありますよね。あの大人気のゴディバもベルギーのブランドです。
せっかくベルギーを訪れるなら、カカオの香り豊かで、コクのある深い味わいのチョコレートを食べたいですよね。
そこで今回は、多数あるベルギーのチョコレート屋さんから、ベルギーの地元で人気のお店、有名なブランド店を10店舗ご紹介したいと思います。

ベルギーチョコレートが人気のワケ

ベルギーチョコのおいしさを引き出しているのが、カカオ豆を絞って取り出した植物油脂カカオバター。
ベルギーが発祥の地であるプラリネや、クーベルチュール・チョコレートと言われる高級な製菓用のチョコレートは、国際規格により「カカオが35%以上」で「カカオバター31%以上を含有すること」と、カカオバター以外の油脂を使用してはいけないという、厳しいルールがあります。
これが、カカオのコクやうっとりするような滑らかな舌ざわりのベルギーチョコレートと他のものとの差です。

ベルギーチョコレートのオススメの名店TOP10

1. WITTAMER(ヴィタメール)

Photo credit: emo「2015 PARIS LONDON BELGIUM⑪ ~ブリュッセルからロンドン、そして帰国~」

Photo credit: emo「2015 PARIS LONDON BELGIUM⑪ ~ブリュッセルからロンドン、そして帰国~」

ブリュッセルのサブロン広場にあります。ヴィタメールはオーストラリア出身のアンリ・ヴィタメールによって、1910年にオープンしました。創業してから約100年もの歴史があるお店で、王室も御用達のブランドです。
元々はケーキの専門店でしたが、1960年に3代目のオーナーによってチョコレートをはじめました。1つ1つ丁寧に作り上げるチョコレートは、チョコレート好きの間では、ノイハウスやゴディバよりもおいしいと言われています。
アンリ・ヴィタメールの信念は、本当においしいものを一番良い状態で味わってもらいたいということだったため、チェーン店を作ることは考えていませんでした。しかし! 日本でのみお店を出しているんです。
もともとはケーキ屋さんなので、もちろんケーキもオススメです。

さすがベルギー王室御用達のチョコレート専門店という高級感。
こげ茶色のパッケージにピンクのリボンがとても可愛くて、素敵♪
値段が高いので、そんなに頻繁に食べることはできませんが、上品で口解けの良い上質のチョコレートでおすすめです☆
出典 「どれから食べようかなぁ♪」ヴィタメール(WITTAMER) / ショコラ・ド・ヴィタメールの口コミ-食べログお取り寄せより

Wittamer(ヴィタメール)
住所:6-12-13 Place du Grand Sablon 1000 Bruxelles,ベルギー
TEL:+32(0)2 512 37 42
営業時間:
マカロン・チョコショップ
月 10:00~18:00、火~土 9:00~19:00、日 9:00~18:30
ケーキ・食材屋
月 9:00~18:00、火~土 7:00~19:00、日 7:00~18:30
カフェ 火~日 9:00~18:00
定休日:祝日
アクセス:メトロ2、6番線Louise駅もしくは1、5番線Gare Centrale駅下車。徒歩約7分。
公式ホームページ:https://www.wittamer.com/en

2. PIERRE MARCOLINI(ピエール・マルコリーニ)

Photo credit: emo「2015 PARIS LONDON BELGIUM⑨ ~ロンドンからブリュッセルへ~」

Photo credit: emo「2015 PARIS LONDON BELGIUM⑨ ~ロンドンからブリュッセルへ~」

高級チョコレート店として、日本でも人気のベルギーチョコレートです。バレンタインの時にプレゼントされる方も多いようですね。
創業者のベルギー出身のピエール・マルコリーニは、パリの「フォション」での修業経験を持っています。そして独立後、1994年にブリュッセルにお店をオープンさせました。
彼が鬼才と言われているのは、ショコラティエ、パティシエ、ジャムや砂糖菓子の専門職人であるコンフィズリエ、アイスクリーム職人であるグラシエの4つの資格を持っている数少ない人物だから。
そんなピエール・マルコリーニは、カカオの選別から焙煎、粉砕、調合、精錬までのすべてを自身が行うというこだわりようで、産地による味の違いを楽しんでもらいたいとのこと。
ピエール・マルコリーニのチョコレートは、少し小さめのサイズで、砂糖やミルクを控えたほろ苦い味わいが特徴です。
また、ピスタチオやショウガなど、積極的に新しいテイストにも挑戦しているので、新作が楽しみです。

ベルギーといえばチョコレート。日本で買うよりも断然安く買えます。ピエールマルコリーニはチョコが小ぶりで、デザインもかわいいので、お土産にぴったりです。
出典 “チョコレート好きはぜったい外せない!” ピエールマルコリーニの口コミ-トリップアドバイザーより

Pierre Marcolini(ピエール・マルコリーニ)
住所:1Rue des Minimes 1000 Bruxelles,ベルギー
TEL:+32(0)2 514 12 06
営業時間:10:00~19:00、金・土 10:00〜20:00
定休日:祝日
アクセス:メトロ2、6番線Louise駅もしくは1、5番線Gare Centrale駅下車。徒歩約7分
公式ホームページ:http://www.pierremarcolini.jp/(日本語)

3. Galler(ガレー)

Photo credit: emo「2015 PARIS LONDON BELGIUM⑨ ~ロンドンからブリュッセルへ~」
1 2 3次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。