ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

実は間違ったイメージも! リアルな女子高ライフとは? <高校生実態調査>

共学のみなさんにとって“女子高”は未知の世界…。そんな女子高の生活をちょっと覗いてみたいと思いませんか? そこで今回は、そんな女子高に通っているみなさんの普段の学校生活についていろいろと聞いてみることに!

f:id:jyuken_sapuri:20151109153342p:plain

まず、実際に女子高に通う現役高校生のみなさんに「女子高に行って、これまでと違い驚いたことはありますか?」と聞いたところ、50%の人が「ある!」と回答。具体的には、「女子校といえば“お嬢様”というイメージだったが、中身はおっさんな子が多い(笑)」(16歳・女性)、「みんなノリがいい」(16歳・女性)などの意見が。確かに女子高というと「しっとり」「おしとやか」といったイメージが強いですが、実際は元気で活発な人が多いのかも。

続いて、自分が授業中についやってしまう言動で「共学だったら絶対にやらないな」と思うことについて聞いてみたところ… 「ついつい足が開いてしまっている時がある」(17歳・女性) 「暑いときにスカートをパタパタさせたり、半目で寝たりすること」(18歳・女性) 「おばさんみたいに手を叩いて笑う」(17歳・女性)

とのこと。やっぱり男子の目がない環境では、スカートでも足元がゆるくなる…という人が多いみたい。確かに、女子ばかりだったらその方がラクですもんね。

また、よく共学の人から「女子高って○○なんでしょ」と言われることで、「それ、完全に誤解だから!」と思うことについても聞いてみました。 「よく『女子校は怖い』と言われますが、私からすると共学の女子の方が怖いです…」(17歳・女性) 「女子高の子=おしとやかな子と思われてる」(16歳・女性) 「女の子っぽいかわいらしい子が多いんでしょ…という誤解(笑)」(18歳・女性) 「ヤンキーが多そうと言われますが、みんなただテンションが高いだけでヤンキーはほとんどいません」(16歳・女性) 「なぜか、いじめがすごいって思われてる…」(17歳・女性)

“女子高”というイメージだけで、色々と誤解を招いてしまうことも多い様子。確かに女子だけという特殊な環境ではありますが、実際は共学とそれほど変わらないのかもしれませんね。

ちなみに、そんな女子高に通うみなさんに「憧れの共学シチュエーション」についても聞いてみたところ… 「みんなで野球部の応援に行く…とかしてみたいです!」(17歳・女性) 「男子に力仕事を手伝ってもらう」(16歳・女性) 「授業にふざけたり面白いことを言う男子をみんなで笑う、とか」(18歳・女性) 「かっこいい男子に勉強を教えてもらいたい」(16歳・女性)

などの声が! 共学の人にとっては何気ないことや普通のことも女子高の人にとっては特別なんですね。女子高の子と友達になってみると、さらにいろいろなことが知れておもしろいかもしれませんよ。

アンケートデータ

※『高校生実態把握調査』インターネット調査
実施期間2015年7月30日(木)~ 2015年8月6日(木)

スタディサプリ放課後版の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy