ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

真心『MORE KING OF ROCK』東京公演開催「20年前に”STONE”で笑ってたやつも、今、石が出てます。」

真心『MORE KING OF ROCK』東京公演開催「20年前に”STONE”で笑ってたやつも、今、石が出てます。」

今年5月、アルバム『KING OF ROCK』のリリースから20年を迎え、東京、大阪で「KING OF ROCK 20th」と銘打ったライヴを行なった真心ブラザーズ。好評だったこのライヴを受け、10月より「MORE KING OF ROCK 20th」として全国を回ってきたツアーが、いよいよ東京へと戻ってきた。

登場のSEと共に会場は歓声で包まれ、桜井秀俊、そして今回もドラムとベースを務める伊藤大地(Dr)と岡部晴彦(Ba)が登場する。そして、遅れて登場のYO-KINGが「だるいカンジ!」の叫びとともに、“スピード”でライヴは幕を開けた。

のっけからフルパワー。ちょうど「KING OF ROCK」のツアーと並走するように、10月リリースのカヴァー・アルバム『PACK TO THE FUTURE』のツアーを同メンバーで行なっていたこともあり、バンドのグルーヴはキレッキレだ。頭から波に乗るように、“高い空”、“愛”へと続いていく。アルバムではファンキーな雰囲気の“愛”だが、骨太なビートと、男臭くブルージーなギター、そしてYO-KINGがシャウトするように歌い上げる、Low Down Roulettesとのソリッドな“愛”もまた熱い。

そして、“マイ・バック・ページ”、桜井がヴォーカルをとる“上手な眠り方”、“すぐやれ 今やれ”へとノンストップでプレイし、会場の温度をグングン上げていった。

6曲が終わったところで、YO-KINGが「ということで、みなさんようこそ」というあいさつをし、「今回のライヴは、アルバム『KING OF ROCK』を曲順通りに披露する特殊なライヴです」とYO-KING。そして、「20年も経つと、固有名詞も古くなるよね――《カール・ルイスでフルマラソン》(“すぐやれ 今やれ”)とかね。違う言葉入れちゃうと、歌詞を口が覚えているから後がグダグダになっちゃうんだよね」(YO-KING)と言って、会場を笑いに包み、ここからはアナログ盤でいうところのB面と、後半戦へ突入した。

“マイ・リズム”から、生バンドによるヒップ・ホップ・チューン“マイ・ガール”で、オーディエンスを心地よく揺らす。岡部のブリッブリに低音をきかせたベースから、桜井の爆裂なギター・リフが冴える“STONE”の、ハードコア・パートでは先ほどまでの心地よいグルーヴとは一転、超高速のビートにオーディエンスもぶんぶん頭を振り、コブシを突き上げる盛り上がり。“STONE”は腎臓結石の壮絶な痛みをリアルに綴った曲だが、「20年前に、この曲で笑ってたやつも、今、石が出てます。僕の周りで続出してます」と語るYO-KINGの言葉に、笑いが起こる。もちろん、「今笑った人、気をつけろよ」というツッコミも忘れない。

息の合ったバンドならではの、濃いアンサンブルでたっぷりと聴かせた“日曜日”のアウトロから、ラスト・チューン“スピード2”のファンキーなバンド・グルーヴへと、うねるように展開すると、YO-KINGはノーブレスで高速のパートを叫び倒した。「今、死ぬかと思った」と言うくらい、怒涛の勢いで本編を締めくくった。20年という年月を経ても、その曲たちは色あせぬまま、そして真心ブラザーズはさらにタフに、スピーディにと、馬力を増しているようにすら思うから、恐ろしい。ラストまで爆音と笑顔とがあふれた一夜となった。

Photo By eri shibata
Witter By 吉羽さおり

関連リンク

真心ブラザーズ オフィシャルサイトhttp://www.magokorobros.com/
真心ブラザーズ オフィシャルtwitterhttps://twitter.com/magokoro_bros
徳間ジャパンコミュニケーションズ オフィシャルサイトhttp://www.tkma.co.jp/

Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。