ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

タイを満喫!タイのおすすめ観光名所ランキングTOP25

photo credit: Takako Mamiya「バンコク寺院巡りとコムローイ祭りで、ココロをリセット★女子1人旅」

photo credit: Takako Mamiya「バンコク寺院巡りとコムローイ祭りで、ココロをリセット★女子1人旅

TRiPORTライターのRenaです。
バックパッカーからツアー客まで、とにかく様々な人たちから大人気の観光地、タイ。
大都市であるバンコクはもちろんのこと、プーケット島ピピ島などのリゾート地も人気があります。
そんなタイを楽しみ尽くすために欠かせない、25のスポットをご紹介します。

タイ王国概要

タイは東南アジアの中心に位置し、国土面積は約51万4000平方キロメートルで日本の約1.4倍の広さです。ミャンマー、ラオス、カンボジア、マレーシアと国境を接しており、人口は約6000万人です。 
首都はバンコク。気候は熱帯性気候で、年間の平均気温は約29度。バンコクでは一番暑い4月の平均気温が35度、一番涼しい12月の平均気温が17度です。
季節は11月〜2月の乾期、3月〜5月の暑期、6月〜10月の雨期に分かれています。
タイには様々な民族が暮らしており、タイ族が約85%、中華系が10%、他にモーン・クメール系、マレー系、ラオス系、インド系などの他、山岳部にはそれぞれの文化や言語をもった少数民族が暮らしています。
公用語はタイ語ですが、地方によって方言があり、山岳部の少数民族は独自の言語を使用しています。観光地のホテルやレストランでは、英語が通じるところが多いです。

タイ 人気観光スポット

1. 水上マーケット(ダムヌンサドゥアック)

photo credit: Ara「タイのバンコクで、女子旅!コムローイみてきました。」

photo credit: Ara「タイのバンコクで、女子旅!コムローイみてきました。」タイでは船に乗って商売をするのが昔ながらのスタイル。
バンコク周辺には幾つかの水上マーケットがありますが、この「ダムヌンサドゥアック水上マーケット」が観光客も多く初めての人でも気軽に訪れることができると思います。

基本情報
ダムヌンサドゥアック水上マーケット
アクセス: バンコク市内からタクシーで2時間弱。バスを利用する場合は南バスターミナルからバスが午前6時から40分おきに出ている。
営業時間: 8:00-14:00
休業日: なし
入場料: なし

2. ワット・ポー

photo credit: Hisaharu Kisu「カオサン通り→タイガーズー→水上マーケット→寺院巡り」

photo credit: Hisaharu Kisu「カオサン通り→タイガーズー→水上マーケット→寺院巡り」日本でも「スリーピングブッダ」として有名な横たわった大仏、大寝釈迦仏を見ることができるのが「ワット・ポー」です。金色に光る大仏様の姿は神々しく、タイに来たら必ず訪れたい定番のスポットです。

1 2 3 4 5 6 7次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy