ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アデル 米ビルボード・シングル・チャート5週目のNo.1獲得、ジャスティン・ビーバーTOP100内に17曲がランクイン

アデル 米ビルボード・シングル・チャート5週目のNo.1獲得、ジャスティン・ビーバーTOP100内に17曲がランクイン

 各国で驚異的なセールスを記録しているアデルの最新アルバム『25』からの先行シングル「ハロー」が、4週目の首位を獲得した、今週の米ビルボード・シングル・チャート。

 11月20日にリリースされた、アデルの3rdアルバム『25』の初動枚数は、200万枚を突破するだろうと予想されている。次週のアルバムチャートで首位発進は確実、そして「ハロー」も、シングル・チャート5週目のNo.1獲得は間違いないだろう。一方で、アデルの登場に首位を逃したジャスティン・ビーバーの「ソーリー」だが、今週、再び2位に上昇し、4位には、エド・シーランが手掛けた新曲「ラヴ・ユアセルフ」が初登場、そして自身初の首位獲得となった、1stシングル「ホワット・ドゥ・ユー・ミーン?」も5位に息を吹き返し、TOP5内に3曲がランクインするという快挙を成し遂げている。

 この3曲が収録されたアルバム『パーパス』は初動枚数60万枚を突破し、今週のアルバムチャートで見事、首位デビューを果たした。アルバムからはこの3曲の他にも、19位に「アイル・ショウ・ユー」、31位に「ザ・フィーリング」、34位には、春に先立ってTOP10入りを果たした、ディプロ&スクリレックスとの「ホウェア・アー・ユー・ナウ」も再び上昇。TOP100内でトータルすると、なんと17曲もランクインするという驚異的な記録を打ち出し、アルバムからのトラックが、ほぼ全曲チャートインしているという状況だ。

 さらに、22日に開催された【アメリカン・ミュージック・アワード】にて「ホウェア・アー・ユー・ナウ」がコラボレーション・オブ・ザ・イヤーを受賞し、アルバムのトラックをパフォーマンスしたこともあり、次週も引き続き、ジャスティンがチャートを荒らすことが期待される。次週はアデルのアルバム『25』も初登場することから、チャートはこの2者の楽曲で埋め尽くされるかもしれない。

 ジャスティン・ビーバーとのアルバム対決が注目されていた、ワン・ダイレクションのアルバム『メイド・イン・ザ・A.M.』だが、ジャスティンに累計20万枚近くを離され、惜しくも2位デビューとなった。アルバムからのトラックも、「パーフェクト」が37位に息を吹き返したものの、「ドラッグ・ミー・ダウン」は40位に留まり、「イフ・アイ・クド・フライ」や「オリヴィア」といった他5曲がランクインを果たしたが、80位以下と伸び悩んだことも、アルバムの累計枚数に影響を及ぼしただろう。

 今週、最もランキングを伸ばしたのは、先週の91位から22位にジャンプアップした、ミッシー・エリオットの新曲「WTF(ウェアー・ゼイ・フロム)」。およそ3年ぶりとなるミッシーの復帰タイトルを手掛け、ゲスト出演しているのは、昨年の年間チャートを制した、ファレル・ウィリアムス。かつてのファンも、若層にもヒットするようなヒップホップ・ソングに仕上がっている。今年で44歳を迎えたとは思えない、ミッシーの見事なダンスが映える、90年代のストリートらしいPVが12日に公開され、1000万視聴回数を突破したことが急上昇に繋がった。

Text:本家一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートの掲載は、25日22時以降となります。

関連記事リンク(外部サイト)

12月5日付 Billboard Hot 100 全米シングルチャート
12月5日付 The Billboard 200 全米アルバムチャート
Album Preview: 歴代アルバム・チャート記録更新なるか?アデル約5年ぶりの新作『25』がいよいよ11月20日世界同時リリース

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。