ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

19世紀の人々が描いた「2000年の世界」が斜め上すぎる(笑)

もともとはタバコの箱に様々なアーティストの手によって描かれたものだそう。「En L’An 2000」は1899年の作品。日本で言えば明治時代の始めです。

1900年に開催されたパリ万国博覧会のために作られたようですが、資金不足で流通がうまくいかず、1986年になってSF作家アイザック・アシモフ氏に使用されるまでほとんど知られていなかったのだとか。

現代と比較してみる"大昔の未来像”は必見です!

01.
空飛ぶ消防隊

19世紀の人々が描いた「2000年の世界」が斜め上すぎる(笑)

やっぱり未来の象徴といえば、"空を自由に飛ぶ"は外せませんよね。最近はドバイで火災の対応に「ジェットパック」の使用が採用されましたが、1800年台の人々は"羽ばたく"技術が進化するとイメージしていたようです。

02.
郵便配達屋も飛ぶ!

19世紀の人々が描いた「2000年の世界」が斜め上すぎる(笑)

まさかこの時代にEメールが登場することになるとは想像もつかなかったでしょう。でも、こんなふうに届けて貰えたら素敵ですよね!

03.
空中タクシーも登場

19世紀の人々が描いた「2000年の世界」が斜め上すぎる(笑)

駅と思われる建物の看板には「AERO CABS」の文字。さすがに現代でもここまで気軽な移動手段として空飛ぶ乗り物が登場していませんね。タクシーが空を飛ぶようになるためにはもう少し時間が必要そうです。

04.
未来の大型戦闘機

19世紀の人々が描いた「2000年の世界」が斜め上すぎる(笑)

大型の戦闘機も翼があるタイプではなく飛行船のイメージ。ライト兄弟が有人動力飛行に成功したのが1903年と思うと、当時の人々にとっては自然なアイデアだったのかも?

05.
装着型や乗るタイプも

19世紀の人々が描いた「2000年の世界」が斜め上すぎる(笑)

一方で"乗るタイプ"も一般的になっているとの予想。同時に"着るタイプ"も。左の男性は警察官で、交通整理をしているようです。

06.
スカイテニス

19世紀の人々が描いた「2000年の世界」が斜め上すぎる(笑)

もちろん遊びでも飛んじゃいます。紳士のスポーツテニスは空で!

07.
エンジン付きの
ローラースケート

19世紀の人々が描いた「2000年の世界」が斜め上すぎる(笑)

足で漕ぐのか、エンジンに任せるのかどっちつかずですが、乗りこなすには練習が必要そうです。

08.
美容室は全自動に

19世紀の人々が描いた「2000年の世界」が斜め上すぎる(笑)

乗り物以外では、自動で動く美容室なども。遠隔操作ですべて管理できているようです。

09.
テレビ電話は映写機で!

19世紀の人々が描いた「2000年の世界」が斜め上すぎる(笑)

これはこれでイイかも!

10.
電車の姿が・・・

19世紀の人々が描いた「2000年の世界」が斜め上すぎる(笑)
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy