ブロガー御用達『iPad』用HTMLエディタ『DPad HTML Editor』

access_time create folderデジタル・IT

ブログ記事作成に特化したiPad用HTMLエディターとして知られる『dPad HTML Editor』が、バージョンアップに伴い名称を『DPad HTML Editor』とし、更なる使い勝手向上が図られた。

今回はバージョンアップの追加要素を含め、『DPad HTML Editor』の仔細をお伝えしようと思う。尚、一部機能名称は正式なものではなく、記事用に著者が名付けたものである。ご了承頂きたい。

DPad HTML Editor(以下DPad)概要

メイン画面

他のiPadテキストエディターと同じく、保存を意識しなくてもよい。またファイルという概念がないため、このテキストフィールドで入力やクリアを繰り返すことになる。

DPadでの作業イメージ。作業の大半はこの画像のようなレイアウトで行う。

基本機能のアイコン

画面上部と下部に基本操作を行うアイコンが配されている。それぞれ人差し指の先程の大きさであり、画面の中で主張しすぎることもない。

キーボード

使用されるソフトウェアキーボードは、iPad標準の物。iPadが縦の場合には、他のAppと同じく若干縮小されたキーボードが表示される。

今回のバージョンアップから上部に配置されたDPad独自キー。←↑↓→キーはカーソル移動だけでなく、文字選択範囲の拡縮にも使える。指でのタップが基本のiPadに、これらキーが追加されただけで入力効率が格段に上がる。

フォントサイズ

表示されるフォントサイズは変更が可能。かなり自由度が高く、下記画像のフォントサイズも最大&最小値ではない。iPadは若者は勿論、高齢者の利用率も高いため、この機能は特に歓迎されるだろう。

アイコンを押していくだけでどんどん拡縮してゆくが、iPadで調子に乗って過度に連打していくとサイズ変更ができなくなる不具合が起きた(違うタスクを開いてDPadに戻ると回復)。著者のiPad2では現時点で同現象を確認していない。

HTMLタグリスト

画面上部にある“HTML”から、HTMLタグリストを呼び出すことができる。

使用頻度が高い28個のHTMLタグが登録されている(注:上記はSSではない)。

タップメニュー

iPadのデフォルトのタップメニューに“HTML”が追加されている。押して表示されるのは、HTMLタグリストだ。

定型文クリップ機能

既に登録されているHTMLタグを呼び出すだけでなく、独自のHTMLタグを自分で登録し、リストから好きな時に呼び出して使う事ができる。ユーザーの使い方次第で、さらなる使い勝手が図れる嬉しい機能だ。

Twitterマークアップ機能

Twitterマークアップ機能がオンであれば、入力されたTwitterのユーザー名やハッシュタグを自動的にリンク変換してくれる。これらは以後のコピペ時やプレビュー、メール書き出しの際に反映される。

プレビュー

DPadは記事プレビュー機能を備える。投稿前に見栄えの確認ができるのはとても便利。ちなみにメイン画面時に2本指で画面上方にスライドさせると、プレビュー機能が実行される裏技が存在する。

HTMLメール作成機能

システム設定で許可していれば、DPadで作成した記事をHTMLメール化できる。HTMLメールは画像を添付することなくメールが作成できるため、知り合いへ送るメールをDPad上で作成するなど、ブログ記事以外でのDPad活用も可能になる。

1 2 3次のページ
access_time create folderデジタル・IT
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧