ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【検証】はじめてのセルフ採血♪ 「スマホdeドック」で血液検査してみた!

「病院が苦手だし、検診に行くのが面倒くさい」「毎日、子育てと仕事に追われてそれどころじゃない」「会社勤めじゃないので定期検診に行っていない」。”身体が資本”と分かっていても、忙しさにかまけて健康診断を受けずにそのまま放置している人は案外多いはず。そんな人にオススメなのが、KDDIが提供するセルフ健康チェックサービス「スマホdeドック」。

この「スマホdeドック」は、インターネットを通じて申し込みを行うと、約1週間後にキットが届き、採血して送り返せば、数日後に詳細な検査結果がスマホやパソコンで見られるという仕組み。つまり、自宅に居ながら、血液検査ができる

検査は1回4,980円(税抜、別途送料が必要)、今年度KDDIと協働の実証事業に参加する自治体在住の場合は無料(自治体毎に無料対象が異なります)。また、神奈川在住の人は2016年1月31日まで特別価格の2,988円(税抜、別途送料が必要)で購入できる。今回は、普段から健康診断を受けていない編集部員3人が、「スマホdeドック」に挑戦し、そのドキドキの検査結果を公表します!

わずか5分で血液検査ができてしまう!?

さっそくウェブから「スマホdeドック」を登録し、待つこと1週間。……ほほぅ、届いたキットは思ったよりもコンパクト。

まずは採血から。方法はいたってシンプルで、①指を消毒した後にランセットという器具で出血、②吸引器で血を集め、③血しょう分離を行う、という流れ。血液のチップを検査液に落として自分で分離させるなど、ちょっと理科の実験気分も味わえます。イラスト付きの丁寧な説明書が付いているので誰でも簡単にできるはず。

【検証】はじめてのセルフ採血♪ 「スマホdeドック」で血液検査してみた!
【検証】はじめてのセルフ採血♪ 「スマホdeドック」で血液検査してみた!
指先を消毒した後に、ランセットで出血させる。吸引機で血液を吸い取る

【検証】はじめてのセルフ採血♪ 「スマホdeドック」で血液検査してみた!
【検証】はじめてのセルフ採血♪ 「スマホdeドック」で血液検査してみた!
吸引機で血液を吸い取る。採取した血液をボトルの検査液の中に落とす。液がこぼれないように白キャップでボトルをしっかり閉める

【検証】はじめてのセルフ採血♪ 「スマホdeドック」で血液検査してみた!
【検証】はじめてのセルフ採血♪ 「スマホdeドック」で血液検査してみた!
ボトルを振って検査液に血液を溶け込ませる。シリンダーを差し込んで密閉キャップを閉めると完成

【検証】はじめてのセルフ採血♪ 「スマホdeドック」で血液検査してみた!
【検証】はじめてのセルフ採血♪ 「スマホdeドック」で血液検査してみた!
ちなみにこちらが説明書。使用する器具や全ての工程が、イラストで分かりやすく明記されている

採血が終わったあとは、採血済みボトルと使用済み器具を元のトレイに入れて、マイページから検査カード番号を登録し、確認番号を記入。返送用封筒に入れて、当日中に返送するだけ。使用済みキットも一緒に送り返せるので、処理に困らないのが嬉しい。実際に採血にかかった時間は撮影を合わせて10分程度。慣れれば5分くらいでできるかも? あとは結果を待つのみですが、そのあいだに「スマホdeドック」に挑戦した3人をご紹介します!

年齢や性別、生活習慣が異なる3人がチャレンジ!


・30代・独身

・不摂生な生活で暴飲暴食の毎日


・30代・既婚・二児の母

・育児と仕事に追われて時間がない


・40代・既婚

・昼夜を問わず水のように酒を飲む

■CASE 01. 30代・独身、仕事漬けでストレスフルな生活。

1 2 3次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy