ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

鶏肉を卵でとじて「親子丼」――考えたのは誰!?

https://lh3.googleusercontent.com/-hskWF3F8wZA/VkPzi_1vtJI/AAAAAAAAH-E/hY8PWH47UOU/s2048-Ic42/20151112.PNG
鶏肉と卵を一緒に食べるから「親子丼」とは、ストレートでありながらよくできた名前です。海外では親子丼の意味を知ると驚く人も多いとか。確かに親子を一緒に食べるから親子丼と考えると、少し残酷な気もしないではありませんが、甘めのつゆと卵でとじた鶏肉の組み合わせはなんともいえない美味しさですね。

この親子丼を最初に作ったのは誰だかご存知ですか? 親子丼は江戸中期の宝暦10年(1760年)に開業した東京・人形町の鶏鍋・軍鶏鍋料理の老舗「玉ひで」が発祥とされています。時は明治20年頃。この店で鳥鍋料理の締めとして、残った肉と割下を卵でとじてご飯と一緒に食べる客がいたそうです。その食べ方を“親子煮”と呼んでいましたが、明治24年(1891年)に玉ひで五代目当主の妻・山田とくさんがこれをご飯にかけて一品料理にしたものが、“親子丼”の始まりです。

当時、親子丼のような“汁かけ飯”は軽んじられており、五代目当主の意向から「玉ひで」の店内で親子丼を出すことはなく、出前のみの取り扱いでした。しかし、この親子丼はすぐに評判になり、東京のあちこちで親子丼を出す店が増えていきました。やがて、親子丼の人気は全国へ広まって定番のメニューとして定着していったのです。

「玉ひで」が店で親子丼を提供するようになったのは昭和54年(1979年)、七代目当主になってから。ランチタイムに提供している軍鶏肉を使った「元祖親子丼」は、行列が絶えないほどの人気となっています。

おすすめのレシピ

ryorisapuri.jp

ryorisapuri.jp

ゼクシィキッチンコラムの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy