ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

NY発「シェイク シャック」の日本1号店が、明日11/13(金)オープン!

sub3(シェイクシャック0005)

シェイク シャック」は、発祥の地アメリカはもちろん、世界9ヶ国に熱狂的なファンを持つハンバーガーブランド。健康的に飼育されたアンガスビーフ100%のハンバーガーやホットドッグ、作りたてのフローズンカスタードと呼ばれるデザートなど、素材や美味しさにこだわったメニューを提供しています。
いよいよ明日11月13日(金)から、その味が日本でも楽しめることに!

ニューヨーカーが
行列に並んででも食べる!

こちらの写真は、「ダブルシャックバーガー」。バンズにバターをつけてトーストし、その中にチーズや新鮮なレタス、トマト、そしてオリジナルのシャックソースが挟まれています。

左上が、シェイク シャックの起源となったホットドッグ。パリパリにグリルされたソーセージとポテトロールは最高の組み合わせ。その隣にあるクリンクルカットのポテトフライは、“グルメなじゃがいも”として大人気の「ユコン」が使用されています。サクサク、カリカリ!

sub5(シェイクシャック)_R

濃厚でクリーミーなフレッシュアイスクリーム「フローズンカスタード」。バニラとチョコレートの糖分は砂糖のみで、コーンシロップなどは使用されていません。

sub1(シェイクシャック)_R

そもそものはじまりは2001年。ニューヨーク・マディソンスクエアパークで開催されたアートイベントに、ホットドッグカートを出店したことがきっかけです。その後、2004年に常設の店舗として、「道ばたのバーガースタンド」をコンセプトとするシェイク シャックが生まれました。

sub1 sheke_R

同店舗からインスピレーションを受け、自然豊かな明治神宮外苑内に誕生するのがこの日本1号店。美しい景観が楽しめる開放感溢れるテラス席で“ニューヨーク人気No.1のグルメバーガー”が食べられるなんて、贅沢すぎませんか?

参照元:PR TIMES
Licensed material used with permission by 株式会社サザビーリーグ , dad_beets , mono.ment

関連記事リンク(外部サイト)

「食べられる花」を使った最新スイーツ!見るだけで女子力が上がりそう!
「ビール」でごはんを炊いたら絶品だった。(動画あり)
サンマの肝をめちゃくちゃ気持ちよく取る方法(動画あり)

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy