ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

中孝介、ニューシングル「目をとじても」発売日に中国・北京で文化交流イベントに出演

中孝介、ニューシングル「目をとじても」発売日に中国・北京で文化交流イベントに出演

中孝介が、ニューシングル「目をとじても」をリリースした。発売日の11月11日に、中国の北京で開催された文化交流イベントに出席し、日本語で歌唱パフォーマンスを披露した。

このイベントは、中国のメディア各社が主催したもの。世界各地で中国文化を発信してきた文化人・書店関係者に対して表彰を行うというイベントで、指名を受けて中孝介が日本から招待された。イベントでは、中孝介は堪能な中国語でスピーチを披露し、中国で人気の高い自身のデビュー曲「それぞれに」を日本語で披露した。

中孝介は2006年のデビュー直後からアジアでのアーティスト活動を積極的に展開。イベント当日も多数現地メディアから取材を受けるなど、中国大陸で高い知名度と数多くのファンを持っている。

中孝介は現在、日本国内でも全国ツアーを行っており、11月29日には東京国際フォーラムでツアーファイナルを迎える。

リリース情報

シングル「目をとじても」
2015年11月11日(水)発売
※NHK「みんなのうた」2015年10月-11月放送曲
ESCL-4544 1,200円(税込)

ライブ情報
2015年11月29日(日)東京国際フォーラム・ホールC 17:00開演 
料金:全席指定 5,800円(税込)※未就学児入場不可
(問)ホットスタッフ・プロモーション 03-5720-9999 

関連リンク

中孝介 オフィシャルサイトhttp://www.atarikousuke.jp/
中孝介&スタッフオフィシャルTwitter:https://twitter.com/atarikousuke
中孝介 オフィシャルYouTubehttp://www.youtube.com/user/kousukeatariSMEJ
■中孝介 mixiページhttp://page.mixi.jp/view_page.pl?page_id=647
■中孝介 facebookhttps://www.facebook.com/atarikousuke.mottonippon

Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。