ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ホロコーストの重要人物を描いたドイツ映画『The People Vs. Fritz Bauer(原題)』が米国で公開へ

the-people-vs-fritz-bauer

コーエン・メディア・グループは、ラース・クラウメが監督を務める、ナチス政権の親衛隊アドルフ・アインヒマンを描いたスリラー映画『The People Vs. Fritz Bauer(原題)』の北米での配給権を獲得した。

11月7日(現地時間)にベータ・フィルムが国際的な配給権の販売を行っていたアメリカン・フィルム・マーケットで発表された。

映画『The People Vs. Fritz Bauer(原題)』は、トロント国際映画祭のコンテンポラリー・ワールド・シネマ・セクションで上映され、米国の主な劇場では2016年春に公開される。

販売契約は、コーエン・メディアのジョン・コシュマン、ベータ・フィルムのディルク・シュールホフによって締結された。

映画は、1957年に西ドイツの首席検事フリッツ・バウアーが、ホロコーストに関与した重要人物のひとりであるアインヒマンがブエノスアイレスに潜伏しているという情報を掴み、彼を起訴するまでの過程を追うという内容だ。

主演のブルクハルト・クラウスナーがフリッツ・バウアー役を演じ、共演者にはロナルト・ツェアフェルト、ゼバスティアン・ブロムベルク、マイケル・シェンクが名を連ねる。シェンクはアインヒマン役を演じる。

映画はゼロ・ワン・フィルムとテルズ・フィルムプロダクションの共同プロデュースによって製作され、ドイツ国内で175万ドル以上の興行収入を記録した。

Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy