ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

松田聖子「金色のリボン」含むクリスマスアルバム6タイトル&ベスト盤を一挙ハイレゾ配信

松田聖子「金色のリボン」含むクリスマスアルバム6タイトル&ベスト盤を一挙ハイレゾ配信

松田聖子のクリスマス企画アルバム6タイトル、ならびに現在もロングセラーとなっているベストアルバム「SEIKO STORY ~80’s HITS COLLECTION~」を合わせた計7タイトルのハイレゾ配信が、本日11月11日よりスタートした。

1982年に発売された聖子初のクリスマス企画アルバム「金色のリボン」は、当時出演していたラジオ番組「ひとつぶの青春」の主題歌「HAPPY SUNDAY」や、映画『野菊の墓』の挿入歌「野の花にそよ風~サブテーマ『雲』」といったレアトラックを収録。当時完全生産限定盤として発売されたこともあって、ファンの間では今なお人気の高いアルバムだ。「金色のリボン」は今回が初配信となるため、通常配信とハイレゾの同時配信となった。

そのほかのクリスマス企画アルバムは、聖子主演映画のサントラからの曲も収録した1984年リリースの「Seiko Avenue」、「金色のリボン」に収録されていた「星のファンタジー」の別歌詞・別アレンジのヴァージョン「雪のファンタジー」を収録した1987年リリースの「Snow Garden」、1991年リリースでワム!の大ヒット曲「Last Christmas」のカバーも収録、オリコンのアルバム・チャートで第9位を獲得した「Christmas Tree」。

そしてクリスマスや冬の情景が描かれた作品を中心に選曲された1996年リリースの「Winter Tales」に、聖子クリスマス企画の決定版として愛娘・神田沙也加とのデュエット「Twinkle star, Shining star」も収録した2009年リリースの「Seiko Matsuda Christmas Songs」がラインナップされている。

また、ロングセールス中の「SEIKO STORY ~80’s HITS COLLECTION~」は、1980年代にヒットした松田聖子の代表曲を網羅したベストアルバムで、“これぞ!SEIKO WORLD”と言える名曲ばかり全38曲を収録している。今回のハイレゾ一斉配信に関する詳細およびダウンロードはソニー・ミュージックダイレクトOTONANOのスペシャルページまで。

松田聖子ハイレゾ配信スペシャルページ
http://www.110107.com/seiko_hires

関連リンク

松田聖子 オフィシャルサイトhttp://www.seikomatsuda.co.jp/

Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。