ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

新しい注目レストランも!編集部おすすめ!静岡のご当地ランチ9選

THE COURTYARD KITCHEN

静岡ならではの生しらすを使った昔ながらの名物料理から、
うなぎパイで有名な「春華堂」が立ち上げた新しいレストランまで、
静岡県西部に行ったら食べておきたいランチをご紹介!

食材の宝庫だけに感動の味が待っていますよ!

1.THE COURTYARD KITCHEN

地元浜松の野菜がたっぷり!
出来立てイタリアンブッフェ。

THE COURTYARD KITCHEN
大きな窓からたっぷり光が差し込むレストラン。テラス席もあるTHE COURTYARD KITCHEN
目の前の石窯で焼くピッツァは出来立てアツアツTHE COURTYARD KITCHEN
野菜嫌いの子どもにも好評のサラダコーナー

ランチブッフェ+フリードリンク
大人1980円、子ども(7〜12歳)1000円、幼児(4〜6歳)500円、3歳以下無料

うなぎパイの「春華堂」が昨年立ち上げた複合施設「nicoe」内のレストラン。ミシュラン星付きシェフの原田氏が監修し、毎朝仕入れる地元野菜をメインに、パスタやピッツァなどメインからデザートまでバイキングランチが楽しめる。 THE COURTYARD KITCHEN 「チーズタルト」は、ランチタイムには5回焼き上がり、ずらりと列ができるほどの一番人気のデザート

THE COURTYARD KITCHEN
nicoe1周年記念の限定セット(1980円)うなぎパイをはじめ、もなかなど施設内にある和洋菓子から人気商品をセレクト THE COURTYARD KITCHEN 粉を味わうパイの店「coneri」では、地元のじゃがいもや青のりなどを練り込んだ新しいパイを提案

THE COURTYARD KITCHEN
TEL/053-587-4455
住所/浜松市浜北区染地台6-7-11
営業時間/11時~15時、17時~22時
定休日/年中無休(臨時休業あり)
アクセス/東名浜松西ICより20分
駐車場/110台
「THE COURTYARD KITCHEN」の詳細はこちら

2.ふじのくにTERRACE

ザ・静岡グルメの3種盛り!
3つの味をまとめる生玉子。

ふじのくにTERRACE 玉子かけごはんのように、よく混ぜて食べると格別な美味しさに ふじのくにTERRACE ︎20階からの眺望が楽しめる。21階は展望台で富士山を見るスポットとしても人気

桜えび、しらす、マグロの3色丼 880円

静岡県庁内にある穴場的なレストランで、ランチもお得!静岡で水揚げされる桜えび、しらす、マグロを一度に味わえる贅沢な丼。だし醤油で味付けした生玉子をかけて食べる。 ふじのくにTERRACE
TEL/054-255-2488
住所/静岡市葵区追手町9-6静岡県庁別館20階
営業時間/11時〜16時
定休日/土曜・日曜・祝日
アクセス/東名静岡ICより15分
駐車場/なし
「ふじのくにTERRACE」の詳細はこちら

3.田子の浦港漁協食堂

大量の生しらすの上に
釜揚げしらすで富士山の雪冠。

田子の浦港漁協食堂
生しらすのほろ苦い甘さは新鮮な証拠。ふわっとした釜揚げしらすとの食感の違いも楽しめる 田子の浦港漁協食堂 朝のセリが終わった後、その場所がそのまま食堂に。漁船や港を見ながら食べるのも楽しい

富士山盛り 850円

田子の浦のしらす漁は、一艘の船で網を曳く漁法が特徴。短時間で水揚げするため鮮度は抜群!その生しらすをご飯の上に、まさに山のように大盛りにし、その上に白い釜揚げしらすをトッピング。富士山を模した、しらす三昧の豪華丼の完成! 田子の浦港漁協食堂
TEL/0545-61-1004
住所/富士市前田字新田866-6
営業時間/10時30分〜13時30分
定休日/8月13〜16日
アクセス/東名富士ICより20分
駐車場/50台
「田子の浦港漁協食堂」の詳細はこちら

4.まぐろ茶屋

天然の大トロ、中トロ、赤身に
旬の地魚豪華ネタの揃い踏み!

まぐろ茶屋
握りたての寿司は、どれも口の中でほろりと崩れる。旬のネタはどれも、旨みはもちろん歯ごたえも違う まぐろ茶屋 まぐろ問屋直営のレストラン、専属の「目利き」による極旨まぐろが味わえる

1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy