ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ヒュー・ジャックマンに直撃 『PAN~ネバーランド、夢のはじまり~』黒ひげの魅力を語る

ヒュー・ジャックマンに直撃 『PAN~ネバーランド、夢のはじまり~』黒ひげの魅力を語る

あの『ハリー・ポッター』シリーズのスタジオが贈る、誰も知らないピーターパンを描いた感動のファンタジー超大作『PAN ~ネバーランド、夢のはじまり~』。観る者のコンタクトレンズを何回も外してしまう感動作として大ヒット公開中だが、このほどネバーランドを牛耳る海賊”黒ひげ”役のヒュー・ジャックマンに直撃大成功! 極悪非道な”黒ひげ”だが、どこか否定しきれない魅力を持っている理由について、ヒュー様が語ったぞ!

――”黒ひげ”がニルヴァーナの曲をジングルにして登場するなど、およそディズニーでは考えられない展開が楽しいですな!
 
シナリオにはなかったよ(笑)。曲を使うなど、一言も書いてなかった。実は一週間ほど、撮影前に海賊キャンプを開いた。酒を飲み、歌を歌う、これが定説だよね(笑)。オーストラリアと同じだよ。毎朝キャンプでは歌を歌ったが、ジョー・ライト監督がニルヴァーナの曲を持っていた。皆感激して、ノリノリでね。それで本番でも使おうということになったわけだ。大きな音をガンガン鳴らして、楽しかったよ。フルサイズの船もあって、100人の子どもが集まってね。歌の意味もわからず歌っていたよ(笑)!

――しかし、”黒ひげ”は最近のイメージにはないキャラクターでしたが、どこに惹かれましたか?
 
監督だよ。ジョー・ライト。もちろんシナリオに目を通してはいたが、映画って監督のものでね。監督の采配が貫けるものだからね。だから、僕は監督で決めている。本当に自分が信頼できる監督でなければ仕事はできないが、ジョーはとても素晴らしいビジョンを持っていてマジックなものを作る人だった。一大スケールのものを作れる人なので、仮に別な役柄でも映画に出たと思うよ。

――それに”黒ひげ”は基本的には極悪非道ですが、憎めない男で表現力が試されるキャラクターだと思いました。
 
オリジナル版でもフック船長に皆、好感を抱くだろう? 悪役なのにね。子どもたちの話ではあるが、大人が読んでも子どもの頃を思い出させてくれる楽しい物語だ。そういう物語の悪役を演じることは、とても楽しいものだ。それに、メランコリーな面も持っている。そういう悪役だよ。この”黒ひげ”のキャラクターは、予知できないことをする子どもが見た視点の大人だよね。たとえばチョコレートをあげようとするが、怖いことをするような。変わり身が早いから、子どもは不安だよ。

――しかし、ヴィランズではありますが、作品を観る子どもたちのへの想いを、キャラクターを通して今回も感じます。ウルヴァリンでも、”黒ひげ”でも。
 
それは映画のタイプによるけれども、子どもにも大人にもアピールする映画を作ることは実際難しい。子どものレベルでは、子どもはピーターパンに共感して応援する。大人は、そういう見方はしないので、もう一度あのような子どもになりたいと思わせる。両方達成することは、映画作りでは難しいよ。しかし、この映画は両方にトライしている。

――ファンとしては”黒ひげ”のようなキャラクターもウェルカムですが、近年の『プリズナーズ』(13)みたいな作品にも”トライ”してほしいです(笑)!
 
アリガトウゴザイマス! 僕もそう思う(笑)。同じ監督が作っている『ボーダーライン(映画)』という映画もとても面白いと思うよ。本当にまたやりたい。僕は最初に言ったように監督で作品を決めるので、ジョー・ライト、クリストファー・ノーラン、バズ・ラーマンというようなドラマ作りの上手い人とまたやりたいね。

Photo by Misako Obata

映画『PAN ~ネバーランド、夢のはじまり~』は、大ヒット上映中!

https://youtu.be/5w7gyi4IKjE

■参照リンク
『PAN ~ネバーランド、夢のはじまり~』公式サイト
wwws.warnerbros.co.jp/pan/

■11月のAOL特集
世界の可愛すぎる動物たち【フォト集】

関連記事リンク(外部サイト)

松田聖子×作詞:松本隆×作曲:ユーミン×編曲:松任谷正隆!映画『PAN~ネバーランド、夢のはじまり~』日本語版主題歌が豪華すぎる

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。