ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【カモフラ飯】意識の高いビジネスパーソンはスマートフォンで炭水化物を補給する

f:id:Meshi2_Writer:20151028175920j:plain

タイム・イズ・マネー。

意識の高いビジネスパーソンは常に時間と競い合い、より効率的なモノを求めている。「24時間戦えますか?」の精神は、21世紀でも健在だ。中でも、食事をいかに手軽に、かつスピーディーに行うかがポイントとなる。

そこでオススメしたいのが、他人にバレることなくビジネスシーンに食事を取り入れる『カモフラ飯』だ。

本企画では、自称・日本一インターネットで顔写真が使われているフリー素材モデルの大川竜弥氏が、意識の高いビジネスパーソンであれば誰しも実践したくなる『カモフラ飯』を紹介する。

スマートフォンで『カモフラ飯』

今回紹介するカモフラ飯は、スマートフォンを利用した炭水化物補給だ。

意識の高いビジネスパーソンは、会社のブレーンである。常に思考回路をフルに働かせているため、脳のエネルギー源である炭水化物が不足すると肉体への司令だけではなく、部下に適切な指示を送ることができなくなってしまうのだ。

まずは、こちらの写真をご覧いただきたい。

f:id:Meshi2_Writer:20151028145520j:plain

一見、出張前公園のベンチでクライアントに電話をするビジネスパーソンだが、スマートフォンによく注目してほしい。

f:id:Meshi2_Writer:20151028145557j:plain

お餅だ! スマートフォンが餅になっている!! 餅Phone!!!

意識の高いビジネスパーソンにとって、スマートフォンの2台持ちは当たり前。1台をスマートフォン、もう1台を餅Phoneにすれば緊急時の炭水化物補給に対応できるのだ。

2台とも餅Phoneにして、「これがホントの2台餅!」というギャグは高確率ですべるため、オススメはできない。そもそも、電話ができない。

餅でスマートフォンを作る

からくりを紹介しよう。

f:id:Meshi2_Writer:20151028145628j:plain

<材料>

・切り餅 適量

・焼き海苔 適量

・スマートフォンのケース 1~2個

・液晶保護フィルム 1~2枚

・皿 適量

・サランラップ 適量

・ヘラ 1個

・アルコール除菌スプレー 1個

・カッターナイフ 1本

・彫刻刀 1セット

・はさみ 1本

上記材料に加え、カッティングマットがあるとモア・ベターだ。

f:id:Meshi2_Writer:20151028145646j:plain

まずは、切り餅を柔らかくする工程から説明しよう。数秒水に浸してから、電子レンジで加熱する。

f:id:Meshi2_Writer:20151028145701j:plain

加熱時間は機種によって異なるが、500wで30秒が目安となる。あまり長時間加熱すると切り餅がドロドロになり、熱くてさわれない。お笑い芸人の、リアクションコントのようになってしまうのだ。

f:id:Meshi2_Writer:20151028145715j:plain

次に、スマートフォンのケースをアルコール除菌スプレーで丁寧に拭き……、

f:id:Meshi2_Writer:20151028145728j:plain

柔らかくなった切り餅をヘラで伸ばし、詰めていく。このとき、水でヘラを濡らすことを忘れないように。切り餅とヘラがくっついてしまい、仕上がりが汚くなるばかりではなく、作業時間を大幅にロスしてしまうからだ。

1 2 3次のページ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。