ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

マリリンモンローが新婚旅行に選んだホテルも!海外セレブの愛した関東の老舗宿3選

マリリンモンローが新婚旅行に選んだ宿も!海外セレブの愛した関東の老舗宿3

老舗宿の中には、国内の有名人にとどまらず、海外セレブが足しげく通った名ホテルも多数。

異国のゲストたちも夢中になったホスピタリティに注目の老舗宿を紹介します。

マリリンモンローが新婚旅行で訪れたホテルや、ジョン・レノンが4年連続で休暇を過ごしたホテルなど、憧れセレブの泊まったホテルに泊まって、セレブ気分を味わってみませんか?

1.帝国ホテル(東京都千代田区)

伝説のハリウッド女優をも魅了した
これぞ日本流のおもてなし精神。

帝国ホテル 帝国ホテル 開業当時 帝国ホテル 現在の帝国ホテル。今年は開業からちょうど125周年にあたる

歴史の記憶をとどめたライト館に思いを馳せる。

帝国ホテルの開業は1890年。海外からのゲストを迎える「日本の迎賓館」の役割を担って誕生した。2代目の本館は20世紀を代表する建築家フランク・ロイド・ライトが手がけ、当時大きな話題を呼んだという。マリリン・モンローが滞在したのもこの「ライト館」だが、60年代には老朽化のため、惜しまれつつ建て替えが決定。現在は壁の一部が移築された「オールドインペリアルバー」などで、当時の面影をしのぶことができる。

誰もがリピートしたくなるさりげないおもてなし。

だが、帝国ホテルが愛される一番の理由は、やはり極上のおもてなし精神にある。ハリウッドスターも大感激したことで知られる一流のクリーニングサービスから、エレベーターに毎日欠かさず飾られる一輪の生花まで、館内は「人の手」を感じるおもてなしの心に満ちている。客室で、レストランで、バーで、一度でもその心地良さを味わえば誰もがリピートしたくなること必至。日本を代表するホテルの洗練されたサービスを実感して。

マリリン・モンローが新婚旅行の滞在先に選んだホテル。

1954年2月、人気絶頂期のマリリン・モンローが、夫でメジャーリーガーのジョー・ディマジオと滞在。「夜は何を着て寝ているの?」という記者の問いに「シャネルのNo.5よ」と答えた有名な会見は、かつてのライト館で行われた。 帝国ホテル マリリン・モンロー モンローも日本のおもてなし精神に触れた マリリン・モンロー 世界中のゲストを迎え続けるメインロビー

モンローがオーダーしたこだわりの朝食をアレンジ。

帝国ホテル 子羊の背肉のローストや、カリカリに焼いたメルバトーストなどヘルシーな「マリリンモンローブレックファスト」。レディーズプランのみで注文可(+1100円)。

モンローが訪れた当時の旧本館(ライト館)の名残がバー店内に。

帝国ホテル 「オールドインペリアルバー」には、ライト館の壁画や素焼き煉瓦などが現存。バーの雰囲気にマッチしている。中にはこれを目当てに飲みに来るゲストも。 帝国ホテル 帝国ホテル ライト館完成の翌年に誕生したオリジナルカクテル「マウント フジ」1793円

まだまだある!セレブにまつわるエピソード

帝国ホテル エリザベス女王
帝国ホテルでの午餐会に出席する女王のために誕生した料理。海老と舌平目のグラタンで「レーンヌ・エリザベス」と命名。

帝国ホテル オペラ歌手・シャリアピン
歯痛に悩むオペラ歌手の要望を受け、叩いた牛肉を玉ねぎに漬け込んだ柔らかいステーキを考案。

チャールズ・チャップリン

大の親日家だったチャップリンが感激したのが和牛のステーキ。滞在時は何度もオーダーした。現在も日本各地の厳選された和牛が提供される。

おすすめ宿泊プラン 女性限定レディーズプラン
〜ホテルで過ごす大人の女子会〜

1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy