ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

月9『5→9』石原さとみのセリフから英語を学ぼう!

現在放送中の月9ドラマ『5→9 ~私に恋したお坊さん~』(毎週月曜日放送、フジテレビ系)、初回視聴率12.6%、第2話視聴率12.1%と好調なスタートを切っていますね!

放送スタート後も注目を浴び続けるこのドラマですが、人生最大のモテ期がやってきた英会話講師・桜庭潤子(石原さとみ)をめぐるコメディーです。

今回は講師役の石原さとみさんが作中で使ったセリフをピックアップして、英会話の勉強をしてみたいと思います!

英語講師

 

Seriously? I prefer something that smells sweet. Like chocolate.

(まじで? 私はチョコレートの香りの方が好きだけど。チョコレートみたいな。

 

お葬式に出席した後に英会話教室に出勤し、お線香の良い香りがすると言われたときの潤子が言ったセリフです。

”Seriously?” ですが、一般的に返答として馴染み深いのは”Really?” かと思います。

どちらも「本当に?」といった意味ですが、”Seriously?” はまさに「まじで?」という訳がぴったりで、話をあまり信用していないときに使います。
一方で、”Really?” は「え、そうなの?」といったニュアンスで、どちらかというと話を信じているときに使われますね。

 

Just a reminder, no talking during class, and no use of Japanese, guys. Okay?

(あ、レッスン中は私語と日本語禁止です。)

 

レッスン開始時に、潤子が生徒へ言ったセリフですね。

”Just a reminder” というフレーズは、リマインダーメール等にも使える便利な表現です。何かに念を押したいときや、「忘れないでね」というような意味を遠まわしを伝えたいときに使います。

例えば、

This is just a reminder that we are having a meeting at 15 pm ! Don’t miss it !”

(一応確認なんだけど15時からミーティングがあるからね!忘れないでね!)

という感じでも使えます。

 

Let’s get started.

(さあ、はじめましょう)

 

潤子がレッスンを始めるときに言ったセリフですね。

”Let’s get started.”は、”Let’s start”とほぼ同義です。

ただ、「get + 過去分詞」で「~の状態にする、~にさせる」という意味を持ちますので、「~を始める状態にさせる」という意味合いになり、少し強制力があるようなニュアンスになります。

また、”Let’s get started.”のほうが自然で、日常的によく使われるようですよ!

 

『5→9 ~私に恋したお坊さん~』主演・石原さとみのセリフから英語を学ぼう!

楽しんでいただけたでしょうか?
少しでも皆さまの勉強のお役に立てたら嬉しいです!

英会話通信の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。