ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本ワインコンクールで続々受賞!注目の北海道産ワインが買える直営店3選

千歳ワイナリー北ワイン

「日本ワインコンクール2015」で北海道産のワインは金賞2銘柄を含む、32銘柄が受賞するなど、ここ数年、北海道産ワインは名実共に人気が高まってきています。冷涼な気候・風土がワイン作りに適しているともいわれており、北海道のワイナリーはさまざまな企業努力を重ね、美味しいワインが続々と発売されています。

そんな北海道のワイナリーの中で、今年「日本ワインコンクール」で受賞し、私たちが気軽に見学や試飲に行ける直売店のある3つのワイナリーをご紹介します。

日本ワインコンクール2015の受賞ワイン!おすすめは?

2015年7月23日、24日に山梨県で開催された「日本ワインコンクール2015」では北海道産のワインが金賞2銘柄を含む、32銘柄が36の賞に輝きました!その中で、いつでもワインを求めて立ち寄れる直営ショップのある3つのワイナリーのおすすめ銘柄をご紹介します。

まずは金賞を受賞した北海道ワインの「鶴沼木樽発酵ヴァイスブルグンダー2013」!自社畑 鶴沼ワイナリーで収穫されたヴァイスブルグンダー種を木樽発酵させており、爽やかなハーブやリンゴを想わせる果実香に木樽香が上品に融合した豊かな香りが特徴のワインです。 北海道ワイン鶴沼木樽発酵 「鶴沼木樽発酵ヴァイスブルグンダー2013」(3996円)は、はつらつとした中にもなめらかさを併せ持つ独特の酸が与える骨格とミネラル感、キレ、ボリューム、アロマが上質に調和したバランスの良い辛口の1本。 続いて、千歳ワイナリーの「北ワイン ケルナー 2014」は銅賞を受賞!北海道余市町・木村農園産のケルナーを使用し、アロマと複雑性を重視したすっきりとした辛口の白ワインで、千歳ワイナリーを代表する銘柄。千歳ワイナリー北ワイン「北ワイン ケルナー 2014」(2430円)は、品種特有の華やかなアロマ、穏やかな酸味とシトラス系の爽やかな味わいが楽しめる。 そして、スパークリング部門で銀賞を受賞した「香り仕込みケルナーSparkling」、極甘口部門で銅賞を受賞した「しばれわいん 白」!どちらも北海道余市にある契約農園で栽培された完熟ケルナー種を100%使用した、まさに北海道ブランドといえるワイン。 北海道ワイン 香り仕込みケルナーSparkling 「香り仕込みケルナーSparkling」(2005円)。完熟したケルナー種を100%使用。キレのある酸味とフレッシュフルーツのバラエティ豊かな香りを併せ持つ飲み口すっきりのスパークリングワイン。 北海道ワイン しばれわいん白 「しばれわいん 白」(4320円)。ケルナー種を氷結させ、濃縮した果汁成分のみを搾り出す独自の「しばれづくり製法」で醸造された芳醇な香りと爽やかな風味の甘口ワイン。

1.北海道ワイン

国産葡萄の持つ風味と熟成による変化を味わうワイン

北海道ワイン鶴沼シリーズ日本ワインコンクール2015で金賞を受賞した「鶴沼木樽発酵ヴァイスブルグンダー2013」など注目が集まる鶴沼シリーズ北海道ワイン北海道ワイン本社醸造所併設の「おたるワインギャラリー」のエントランス 北海道ワイン試飲 店内では季節のワイン(おたる初しぼり等)、おたるシリーズ など3~5種を試飲可能

北海道ワインが造るワインの原料は国産葡萄のみで、すべての醸造工程を非加熱で造り上げており、葡萄本来の特徴と熟成による変化をも楽しめる。直営店の「おたるワインギャラリー」では、ここでしか買うことの出来ないワインを含め、80種類以上のワインを購入可能。

また、ギャラリー内より、発酵・熟成タンクや瓶詰めラインを見学することができる。その他、ワイングラスやソムリエナイフなどのワイングッズも多数販売。 販売店/おたるワインギャラリー
TEL/0134-34-2187
FAX/0134-34-2183
住所/小樽市朝里川温泉1丁目130番地
直営店営業時間/9:00~17:00
定休日/年末年始
見学受け入れ時間/個人10:30,13:30,1530(夏季)、10:30,14:30(冬季) 
団体随時、ただし、個人・団体ともに、電話・FAXによる確認が必要
「北海道ワイン」の詳細はこちら

2.北海道中央葡萄酒株式会社 千歳ワイナリー

冷涼な北海道の風土の中で醸す石蔵造りのワイナリー

千歳ワイナリー外観昭和36年築の石倉造りの外観が目を引く 千歳ワイナリー千歳ワイナリー ハスカップ見学の後は「北ワイン ケルナー 2014」、「ハスカップスイート」など3種などを試飲♪

余市町・木村農園産のピノノワール、ケルナーを使用し、冷涼な北海道の風土を反映したワイン造りにこだわる。また、世界でも唯一北海道でのみ栽培されているハスカップを使ったフルーツワインの醸造を行っている。

工場見学では醸造設備や樽を間近に見られるほか、売店での買い物とテイスティングが楽しみのひとつ!「北のハイグレード食品+2015」に認定されたという北海道ならではの「ハスカップスイート」はお土産として喜ばれること間違いなし! 販売店/千歳ワイナリー
TEL/0123-27-2460
住所/北海道千歳市高台1-7
直営店営業時間/9:00~17:00
定休日/4月~10月無休、11月~3月土日祝日、年末年始
「千歳ワイナリー」の詳細はこちら

3.はこだてわいん

北海道産原料にこだわり、親しみやすさと品質の良さが自慢

葡萄館しばれづくりシリーズ、北海道100シリーズなど、全10種類以上を試飲OK! 葡萄館 ワインソフト 葡萄の風味が活かしたソフトクリーム好きにはたまらないワインソフトクリーム 葡萄館西部店函館の観光スポットが並ぶエリアに位置する葡萄館西武店

北海道産原料にこだわった商品を厳密な品質管理のもとに(ISO9001に基づく品質管理は北海道のワイナリーで唯一!)、カジュアルさと品質の良さで美味しいワインづくりを目指すワイナリー。

本店と西部店がある直営店では自慢のワインを購入できるほか、本店で販売する2種類の「ワインソフトクリーム(300円)はお酒の飲めない方やお子様でも安心して食べられるとあって根強い人気♪ 販売店/はこだてわいん葡萄館本店・西部店
TEL/【本店】0138-65-8170 
【西部店】0138-27-8338
住所/【本店】北海道亀田郡七飯町字上藤城11
【西部店】北海道函館市豊川町11-7(はこだて明治館内)
直営店営業時間/10:00~18:00
定休日/年末年始および施設メンテナンス日
見学受け入れ時間/本店にて受付で予約制(要事前確認)※土日祝祭日不可
「はこだてわいん葡萄館本店・西部店」の詳細はこちら

※この記事は2015年10月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

日本酒のベストシーズン!山梨・甲府で味わう飲み歩きトリップ
ウィスキー好き必見!名水地・白州のおすすめ秋観光プラン
京都にも紅葉シーズン到来!あなたの知らない、ひみつの京都案内

じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。