ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

新鮮な魚介類が堪能できる魚屋直営の居酒屋。くじらや絹姫サーモンがリーズナブルに楽しめる!

f:id:mesitsu_lc:20151014104218j:plain

昭和55年創業の魚屋・寿商店直営の魚料理と寿司が味わえる居酒屋。大きないけすで泳ぐ魚と威勢のいいスタッフが迎えてくれる繁盛店として認知されています。

ココの良さは何と言っても、「魚屋だからできること」をモットーに仕入れられる近海の魚介類。なかでも毎朝の仕入れで内容が変わる「本日のおすすめメニュー」が気になります。

他ではなかなか食べられない珍しい魚に出会えたり、夏は屋上でビアガーデンを開催していたり、グループ店舗では天ぷら専門店を展開しているなど、名古屋の中でも常に話題にあがる存在ですよ。

“三河の魚”を味わって欲しいという思いが詰まったお店です

f:id:mesitsu_lc:20151014104159j:plain f:id:mesitsu_lc:20151014104200j:plain f:id:mesitsu_lc:20151014104201j:plain f:id:mesitsu_lc:20151014104202j:plain

カウンターやテーブル席の1F、座敷のある2Fなど、広々とした店内で昼夜を問わず、お魚好きのお客さんで賑わいを見せる繁盛店です。鯨に対するこだわりの強さを感じさせる絵も店内奥に。

f:id:mesitsu_lc:20151014104203j:plain f:id:mesitsu_lc:20151014104204j:plain

さらに奥には魚屋らしく、いけすが待ち構えています!

撮影時はアイドルタイムという事もあり、魚は一匹のみでしたが、常に新鮮な魚が店内ディスプレイのごとく動き回っているはずです(自分のヒキの弱さが少し残念でした)。

続いて早速、新鮮でこだわりの詰まった魚料理を堪能させて頂きます!

キングサーモン以上の旨みと評判の“絹姫サーモン”を喰らいます

f:id:mesitsu_lc:20151014104205j:plain

地元の魚を提供してくれる同店だからこそ味わえる、愛知県マス類養殖ブランド品種のひとつである『絹姫サーモン(880円)』は、来店時にはマストで注文して欲しいです!

何と言っても、その旨み。しつこい脂っぽさはなく、白身魚のトロっとした味わいが口の中に広がります。

「品評会ではキングサーモンを抑えて1位を取ったほどの美味しさです」と常務・広報の森朝奈さん。

ホテルや高級料亭で提供されるほどの高級食材をこちらではリーズナブルに楽しめます。サーモンが苦手な人でも食べられると、リピーター続出だそうです。

いよいよ鯨を実食! 魅力的な高たんぱく肉

f:id:mesitsu_lc:20151014104206j:plain

まずは『鯨刺身の三種盛り(1,500円)』から。

左から筋肉部分の「赤身」、馬肉のたてがみのような脂身の「本皮」、希少部位としてある高級店では数切れで3~4,000円で出される「尾身」。鯨好きの常連さんやこれを求めて遠方から来店される方もいるほどの人気メニューです。

1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。