ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界の物価を知るために!?旅先で散髪にチャレンジ

Photo credit: Nobuki Arai「マ~クドワ~ルド!!プロギャンブラーが届ける世界のマックMMM」

Photo credit: Nobuki Arai「マ~クドワ~ルド!!プロギャンブラーが届ける世界のマックMMM

TRiPORTライターの志方拓雄です。

旅をするときに一番気になるといっても過言ではないのが、その国の「物価」ではないでしょうか。ガイドブックにはホテルの値段やレストランの主なメニューの価格などがよく紹介されていますが、それらはあくまで観光地の値段。現地に住む人の物価の感覚をつかむのは、なかなか難しいものです。

ビックマック指数はスイスがトップ

世界各国のマクドナルドのビックマック価格を比較したビッグマック指数などから物価を捉えることも可能です。ちなみに英国の経済紙「エコノミスト」の2015年7月調査によると、日本のビックマック価格は2.99ドルに対し、トップのスイスは6.82ドル、ノルウェー5.65ドル、スウェーデン5.13ドルと続いています。この数字を見るとイメージ通りかもしれませんが、スイスや北欧などの国が上位に並んでいます。

Photo credit: Takuo SHikata「インドネシアB級グルメ食べ歩き」”

Photo credit: Takuo SHikata「インドネシアB級グルメ食べ歩き

B級グルメを調べてみる

せっかく海外へ来たのに、物価を知るために日本にもあるビックマックをわざわざ食べるなんて…と思うのは、筆者だけはないと思います。そこで手っ取り早く現地の物価を探るにはB級グルメにチャレンジするのが一番だと思い、さっそく実行に移しました。

インドネシアを旅行した際は、バリ島の中心にある屋台で「Gado-Gado」と呼ばれるゆでたジャガイモにピーナッツソースをかけたものを購入。値段は25,000ルピア(=約225円)でした。観光客向け感がぬぐえなかったのでメイン通りから離れた所で同じようなものを屋台で注文すると、5,000ルピア(=約45円)! ようやく現地の物価をつかめたような気がしました。

筆者撮影:2015年 タイバンコク

筆者撮影:2015年 タイバンコク

散髪で物価を測るのがマイブーム

B級グルメにチャレンジする他にも、物価を測りながらお得感を味わう方法はないかと模索していたところ、現地で髪を切るという選択に落ち着きました。日本でも1,000円カットなど、散髪の低価格化が進んでいますが、これまで経験した中では、中米のエルサルバドルでの散髪1.5ドル(=約180円)が最安値。もちろん日本人の髪質を熟知した日本の美容師には技術的にはかなわないかもしれませんが、価格は非常に魅力です。

長期の旅行中は、寝癖を整えるのも面倒になってしまいますが、かと言って丸坊主にする勇気まではなく、筆者が行き着いた結論はパーマなら多少の髪の毛のぼさぼさもごまかせるというものでした。ということでさっそく、マレーシアのクアラルンプールでスパイラルパーマに挑戦。80リンギットの言い値を現金で払うからと70リンギット(=2,030円)まで値切ることに成功。肝心の腕の方はというと、パーマのうねり具合をちゃんと尋ねて、ロッドの大きさはどうするかなど、事前に相談の上、丁寧に作業を進めてくれ、でき上がりにも満足でした。

パーマがとれてきたその半年後、お隣の国タイでも同じパーマをしてもらうことに。そのときは500バーツ(=1,700円)でした。マレーシア・タイともに、カット代はパーマ代に含まれているシステムのようで、カットの追加の料金は不要。タイでは、隣の席で同じようにおばさんがパーマをあてながら、美容師さんと世間話に花を咲かせている様子も見れたので、タイの日常にも触れることができました。

海外での散髪は少し勇気がいるかもしれませんが、髪の毛はいずれ伸びてくるので、旅行中に一度試してみるのも貴重な体験になること間違いなしです。

文・写真:志方拓雄

関連旅行記はこちら

*Nobuki Arai「マ~クドワ~ルド!!プロギャンブラーが届ける世界のマックMMM

*Takuo SHikata「インドネシアB級グルメ食べ歩き

Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。