体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

名古屋名物どて焼きの老舗。地元民・観光客から愛される甘辛の八丁味噌の魅力にゾッコン

f:id:mesitsu_lc:20151013114053j:plain

味噌おでんと言われる“それ”は、八丁味噌で煮込んだ名古屋独自のおでんの事を指します。甘すぎず、辛すぎず、どちらも感じさせるコクのあるところが人気の理由となっています。ぐつぐつと煮こまれた大根、豆腐、こんにゃく、玉子…どれもココでしか味わえないものばかりです。ほかに牛スジ、串かつも人気メニューとなっています。

名古屋はくどい味噌でおでんを食べるんだって!? 」と、偏見とイメージで敬遠している方々、こちらのどて焼きは決してそんな言葉で片付けられる代物じゃーございませんよ!

1949(昭和24)年創業、名古屋名物“どて焼き”が味わえる老舗です

f:id:mesitsu_lc:20151013114031j:plain f:id:mesitsu_lc:20151013114032j:plain

創業当時は屋台として始まった「島正」さん、当時の屋号は「きむらや」。店主の喜邑さんの名前にちなんで名付けられました。

当時の名古屋・栄のメインストリートである広小路通りにあらゆる屋台が立ち並んでいたそうです。時代の流れと共に現在の場所に移転され、たちまち繁盛店に。

f:id:mesitsu_lc:20151013114033j:plain

ここでひとつ、エピソードを紹介します。それは、屋号の成り立ちについて。

新国劇俳優・島田正吾さんがお店をとても気に入られ、名古屋に来られるたびに立ち寄られる様に。いつしか「島田正吾の店」と呼ばれるようになったそうです。それから新国劇の紋の入ったのれんを頂いた事もあり、島田さんの快諾で屋号を「島正」に改めた経緯があります。

注文率No.1!来店したら「まずはコレ」

f:id:mesitsu_lc:20151013114034j:plain

常連客も観光客も、どて焼きを求めて訪れた人がかならずと言っていいほど注文するのが、『どて焼き盛り合わせ』(1,200円)。

f:id:mesitsu_lc:20151013114035j:plain f:id:mesitsu_lc:20151013114036j:plain f:id:mesitsu_lc:20151013114037j:plain

豆腐、こんにゃく、玉子、里芋、大根、牛スジと、しっかりどて焼きが堪能できる顔ぶれとなっています。

「うちのどて焼きはくどくなく、さっぱりと食べられるのが特徴」とは、店主の喜邑竜治さん。

いざ実食! どれも手間を掛けて煮こまれた絶品!

f:id:mesitsu_lc:20151013114038j:plain
1 2 3次のページ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。