ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

パラダイス山元氏絶賛の「餃子の皮」を求めてモランボンに行ってみた【おいしい社会見学】

パラダイス山元氏も認める餃子の皮、ここにあり!

f:id:Meshi2_IB:20150924203300j:plain

フードエッセイの巨匠・東海林さだお氏のエッセイ『猫大好き』(文藝春秋・刊)を読んでいたところ、会員制餃子店を営むことで知られるパラダイス山元さんとの対談を発見。

読み進めていくと、市販の皮ではどこがおすすめか? という話になり、そこでパラダイスさんが挙げていたのがモランボンの「もち粉入り餃子の皮(なま)」でした。

なんでも、「断トツで包みやすいし、もちもち感がいい」(同書より)のだそう。

パラダイス氏が断トツ、とまで表現するんじゃあ、食べてみないわけにはいかないでしょう! スーパーで売られている餃子の皮ってどこのメーカーのものか全く気にしていなかったけれど、スーパーでもそんなにおいしい皮が売られていたなんて……!

この情報を得ていても立ってもいられず、興奮気味にモランボンさんに取材をお願いしたところ、快くOKをいただきました!

というわけで、今回は府中にあるモランボン株式会社を訪れ、その皮の実力がいかなるものなのか、おいしい社会見学という名の下に、確かめに行ってまいります!

f:id:Meshi2_IB:20150924203301j:plain

今回ご用意いただいたのは、全部で10種類ある餃子の皮の中でも人気の、こちらのラインナップ。先述の「もち粉入り餃子の皮」、そしてお隣は、1番人気のレギュラーサイズ「餃子の皮」、そして後ろに控えるのは「大判餃子の皮」、「うすめ大判餃子の皮」、「棒餃子の皮」合計5種類です。

f:id:Meshi2_IB:20150924203302j:plain

「もち粉入り」「もちもち食感」といった文字を見ているだけで、期待が高まります。今日はこの5種類を全て、試食させていただきます!

f:id:Meshi2_IB:20150924203255j:plain

本日、この嬉しい検証にお立ち会いくださったのは、モランボン社員の女性お二人。

餃子の皮をはじめ春巻の皮など、中華皮全般を扱うモランボンでは、餃子をキレイに包む社内資格があるとか。今回ご協力くださったのは、商品開発部の佐藤さん(右)。資格取得後、親子などを対象に、社外での食育イベントでも講師として活躍しているのだそうです。

商品開発部の川村さん(左)に、人気の皮を尋ねてみました。

一番人気はレギュラーの『餃子の皮』。その次が『もち粉入り餃子の皮』ですね。ちなみに、モランボンは市販の中華皮のシェアでトップを占めていて、市場の商品の約半分はモランボンの商品なんですよ

ちなみに、モランボンといえば焼肉のタレでは? と思った方も多いかと思うのですが、実は中華皮の製造・販売を行っていた「ダイヤフーズ株式会社」がモランボンに統合されたことにより、モランボンでの中華皮販売が始まったのだとか。基本的なレシピ等は、ダイヤフーズ株式会社時代のものを受け継いでいるのだそうです。

では、いよいよ、作り方を教わりながら、実際に自分でもその包みやすさを確かめてみます。と、ここで佐藤先生からのアドバイスが。

f:id:Meshi2_IB:20150924203256j:plain

餃子の皮は30%が水分でできています。おうちで包むとき、みなさんこんな感じでやると思うんですが、乾燥は包みづらさに繋がるんです

f:id:Meshi2_IB:20150924203257j:plain

こうしてポリ袋に移し替えれば、乾燥を防ぎつつ、取り出しやすくなります

f:id:Meshi2_IB:20150924203258j:plain

なんと、これは盲点でした……! 意外なコツを教わり、早くも楽しくなってまいりました。材料は、モランボン推奨のレシピにて自宅で作ってきたものを使用します。

1 2 3 4次のページ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy