体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Google、Google Playストアのアプリ配信機能に指定した時刻に一斉配信する新方式を追加

Google は、Android アプリの提供者がアプリのアップデートを設定した時刻に配信できるようにする新機能をデベロッパーコンソールに追加しました。Google によると、アプリのアップデート版を配信する方法は、「Standard publishing」と「Timed publishing」の 2 方式があります。前者は公開後に配信を行うものの、ユーザーには「できるだけ早く」プッシュされる仕組みなので、一部のユーザーは更新がかかることを待つ必要があります。一方、後者の新方式では指定した時刻に一斉に配信されるそうです。新方式の用途としては、あるキャンペーンや製品発表イベントのスタートのタイミングに、アプデート版を全員に配信できるようにするためと説明されています。ただ、利用できるのはアップデートの場合で、新アプリのリリースには利用できません。Source : Google

■関連記事
Apple、Android向けアプリ第二弾「Beats Pill+」をリリース
OnePlus、自社ブランドのヘッドセット「OnePlus Icons」を発表
Galaxy View、米国では11月6日に発売、Wi-Fiモデルは$599

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。