ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界レベルの成功者たちの「睡眠時間」を比較した結果・・・

sleeppatternsuccesspeople0001

かのナポレオンは、一日に3時間しか寝なかった。なんて言い伝えがあるけれど、人間にとって本当に必要な睡眠時間は、はたしてどの程度なのだろか?

ここに登場する、成功者たちの睡眠時間を比較したインフォグラフィックは、アメリカの寝具メーカーが独自に製作したもの。起業家、政治家、発明家、世界に名を馳せた人物たちの睡眠時間は、じつに個性的だ。

【早寝早起き型】

01.
ティム・クック

スクリーンショット 2015-10-29 11.42.51

AppleのCEOは、一日7時間睡眠。しかも、今回登場するどの成功者よりも早くベッドに入っていることが判明。毎朝4時半に起床し、部下への支持をメールで送り、それからジムで体を動かすことが習慣らしい。

02.
ジェフ・ベゾス

スクリーンショット 2015-10-29 11.47.59

「Amazon.com」の共同創設者であり、世界有数の資産家。ここでは7時間となっているものの、8時間睡眠の必要性を訴える人物。自身の著書にも「どんな心配事があっても、電気を消したら5分後にはもう眠っている」と豪語するほど。

03.
アリアナ・ハフィントン

スクリーンショット 2015-10-29 11.43.10

リベラル系ニュースサイト「Huffington Post」の創設者。「睡眠時間の少なさなんて、なんの自慢にもならない」と、“忙しい自慢”ばかりの男性たちを一蹴。睡眠こそが成功の鍵と、TEDトークで持論を展開するなど、睡眠時間へのこだわりも人一倍強い。

04.
ジャック・ドーシー

スクリーンショット 2015-10-29 11.43.29

エヴァン・ウイリアムズらと共に「Twitter」を創業。現在は、共同創設者兼会長を務めている。自分のパターンを確立させるため、日々のチェックリストを作成する彼。その内のひとつが、“7時間睡眠”だ。

05.
ベンジャミン・フランクリン

スクリーンショット 2015-10-29 11.43.58

18世紀アメリカの政治家であり物理学者。思考、仕事、食事、反省と一日を大まかに4つの時間に分け、規則正しいリズムを重んじていたようだ。

【ショートスリーパー型】

06.
マリッサ・メイヤー

スクリーンショット 2015-10-29 11.47.05

Yahoo!のCEOを務める彼女の睡眠時間は、驚くほどに短い。「The Guardian」が伝えるところによると、彼女は一日に4〜6時間の睡眠しか必要とせず、1週間程度のバケーションを4ヶ月に一度取ることで、リフレッシュ期間を設けているらしい。

07.
トーマス・エジソン

スクリーンショット 2015-10-29 11.47.23

偉大なる発明家もショートスリーパーとして知られている。“睡眠は時間の浪費”が口癖だったとか。「白熱電球を発明した張本人は、電気が消えることを好まなかった」と「The Atlantic」は紹介している。

【夜更かし型】

08.
ランド・フィッシュキン

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。