ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

ウェブ執筆者におすすめのGoogle Chrome拡張機能+ウェブアプリ厳選33個まとめ

ウェブアプリ

便利なウェブアプリもいくつか紹介しておきます。Chromeウェブストアができたことによって、ウェブアプリも充実してきています。文章を書く、画像処理する、簡単な図を描くといった基本的な作業であれば、ウェブアプリだけでも十分こなせるようになっています。

□Quick Note

[Quick Note インストールページ]

Quick Note

エディタです。動作も軽快。アカウントをつくることで、スマートフォンをはじめ様々な環境から同一のノートにアクセスし編集することができます。さらにこのウェブアプリの真骨頂は、ウェブサイトを閲覧時「ちょっとメモしたいなー」という時に発揮されます。ウェブページ閲覧時、右クリックすると「New Note」という選択肢が現れます。これを選択すると、閲覧中のウェブサイトの上にノートパッドが表示され、出てきたアイデアを書き留めることができます。さらに、「何かを選択した状態」で右クリックすると「Add selection to note」があらわれますので、それを選択すると、瞬時にそれがメモに入った状態で同じ画面にQuick Noteがあらわれます。同様にして画像やウェブページ上に貼り付けられたYouTube動画なども選択状態から右クリックでノートに取り込むことができます。

Quck Noteでウェブサイト上のテキストを選択して右クリック 選択した部分を瞬時にノートに取り込む

このウェブページ上にひょこっと現れるQuick Noteは、「出したりひっこめたり」が上部のボタン操作で自在にコントロールでき、たいへん便利です。そしてこの便利さは「Chromebook」や「Chrome OS」上で特に感じることができます。Chrome OSでは基本的に窓はひとつであり、それは常に全画面の状態ですので、別タブや別ウインドウにアプリが開いているというのが標準の姿なのですが、それだとメモをとるにしても画面の切り替えが必要で、ウェブを見ながらメモをするといった動作が困難です。しかしこのように同一ページにメモが同居してくれると、画面切り替えの必要もなく、「見ながらメモ」を簡単におこなうことができるのです。まさに時代を先取りした工夫、ということができるのではないでしょうか。シンプルながら先端をいくエディタだと思います。

動画もクリップできます

Cacoo

[Cacoo インストールページ]

Cacoo

図を描いて公開したり共有したりできるウェブアプリ。無料で25枚まで図面をつくれます。いわゆる「Visio系」と言えばピンと来る人も多いと思います。組織図やフローチャート、オフィスの配置図、さらにはサイトマップやワイアフレームなどを描き、共有ができるのです。この系統のソフトは、これまでそれなりに高価なものしかなかったわけですが無料のウェブアプリとしてサクサク使えるのはちょっと感動です。

Cacoo

Pixlr

[Pixlr インストールページ]

Pixlr

画像を修正したりお絵かきができるウェブアプリ。スクリーンショットの拡張機能でこのウェブアプリと連携しているものもいくつかあったが、いわゆるペイントソフトの基本的な機能はきちんと備えており、使いやすい。

Pixlr

Evernote Web

[Evernote Web インストールページ]

Evernote Web

ウェブアプリとしてのEvernoteは、言ってみれば「いつでもネット上にある、持ち運ぶ必要がないノート」。ログインして同期をとりながら執筆すれば常に最新の状態の原稿がそこにあります。これは非常に便利です。また、ウェブアプリとしてのEvernoteは完成度が非常に高く、たまに挙動のおかしかったクライアント版と比べても見劣りしないどころか、ひょっとするとこっちの方が便利かもしれません。僕も最近はウェブアプリ版のEvernoteで原稿執筆する事が多いです。

IM+

[IM+ インストールページ]

IMplus

統合チャット・メッセンジャーツール。環境によってさまざまだとは思いますが、作業をおこなう上でチャット・メッセンジャーが欠かせないという方も増えてきていると思います。ウェブアプリでチャットがどの程度使えるのか、このウェブアプリで試してみてください。かなりいけてると思います。この『IM+』は以下のサービスに対応しています。

・MSN ライブメッセンジャー
・Facebook
・Skype
・Yahoo! メッセンジャー
・AIM
・MySpace
・ICQ
・Google トーク
・Jabber

このツールについて詳しくは先日別の記事で書きましたので、そちらを参考にしてみてください( https://getnews.jp/archives/119479 [リンク])。

以上、「ウェブ執筆者におくるChrome拡張機能+ウェブアプリ厳選33」でした。ウェブアプリに関しては後日改めて違った角度から紹介したいと思ってます。また、「こんな便利な拡張機能・ウェブアプリ知ってる!」という方はコメント欄で情報提供お願いします。というわけで、それではまた!

※この記事は、ウェブライターの「ふかみん」が執筆しました。

前のページ 1 2 3 4 5 6 7
深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる
深水英一郎(ふかみん)

記者:

トンチの効いた新製品が大好き。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラに興味がある。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき