体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

シンガポールのベテラン直伝!おすすめ観光地とグルメまとめ

Photo credit: 田島知華(たじはる)「【必見!シンガポールの見所】世界一快適な空港に空中プールに美しい島!」

Photo credit: 田島知華(たじはる)「【必見!シンガポールの見所】世界一快適な空港に空中プールに美しい島!

こんにちは! TRiPORTライターのTKです。

早速ですが、日本の治安の良さや公共交通機関の便利さには海外に行く度に感心してしまいます。衛生面や、電車やバスの時間の正確さも凄いですよね!
しかし、本日ご紹介するシンガポールは交通・治安ともに日本に劣らない、個人的には日本を凌ぐ国数少ない国に感じられます。
今日は、そんなシンガポールの観光スポットやグルメなどについて紹介していきたいと思います!!

シンガポールってどんな国?

正式名称「シンガポール共和国」は、東南アジアに位置する日本と同じ島国であり63の島から成り立っています。マレー半島の南端に位置しており、赤道にも近く年中温暖な気候です。
また、世界第3位の外国為替市場でもあり、東南アジアの主権国家と言えます。
一方でリゾート地としても有名な国、それがシンガポールです。

シンガポールの気候

年中高温多湿、年間平均気温は30度前後で雨季と乾季があります。
・雨季:10月〜3月/雨季は雨が多く、気温も下がります。
・乾季:4月〜9月/乾季は雨が少なく、空気も乾燥しています。特に6月から8月にかけては日差しが強いので帽子や日傘などが必要ですが、スコールも多いので折りたたみ傘などの携帯がおすすめ。

シンガポールの治安

旅行する上でやはり気になるのが治安。日本と比べても犯罪発生率はかなり低いシンガポール。
アジアの中でもかなり経済的にも豊かな国ですし、海外にいることを忘れずに旅行をすれば問題ないでしょう。

シンガポールの面積

日本と同じ島国で、その国土面積は718.3㎢で東京23区よりも少し大きいくらいです。端から端まで車で1.5時間程度で行けてしまうのだとか。

シンガポールの文化

世界的にも有名な多民族国家であるシンガポール。そのため、様々な文化や宗教が存在します。
公用語は英語、マレー語、中国語(北京語)、タミル語の4つ。特にシンガポールで使われている英語はイギリス英語と、語尾に「lah」や「leh」などがつく独特の訛りを持ったシングリッシュが多いです。1つの国に公用語が複数存在する多民族国家って、日頃から異文化交流ができて面白いですし、素晴らしいですよね!

シンガポールの経済

シンガポールの経済状況ですが、綺麗な道路に、個性的な高層ビルの数々。一人当たりのGDPは日本よりも高い約5万ドルで日本国民よりシンガポール国民の方がお金持ちであると言えますね!
アジアの金融の中心であり、グローバル企業の本社も多く、世界で4番目に外国人観光客が多いと言われており、ユニバーサル・スタジオ・シンガポールなどを始めとする観光業にもかなり力を入れています。
ここからは、シンガポールの観光について紹介していきたいと思います。

シンガポールオススメ観光スポット

やはり定番はマーライオン。しかし、マーライオンって5頭もいる事知っていましたか?

1. マーライオンパークのマーライオン

Kazue Kitazima「Singapore」

Kazue Kitazima「Singapore
ほとんどの人がマーライオンと言われて想像するのが、おそらくこのマーライオンパークにあるマーライオンでしょう。絶対に押さえておきたい観光スポットですね! 1日中多くの観光客で賑わっているのでしっかり写真を撮りたい方は、早起き必須です!! 夜訪れると日中とはまた違った雰囲気を楽しめるはずです。

住所:One Fullerton Singapore 049213
アクセス:MRTラッフルズ・プレイス駅(Raffles Place・NS26/EW14・ノース・サウス線/イースト・ウェスト線)から徒歩10分ほど
営業時間:24時間(23時に口から出ている水は止まります)
料金:無料

2. ミニマーライオン

Photo credit: yoggy0 via Flickr cc

Photo credit: yoggy0 via Flickr cc
最初に紹介したマーライオンのすぐ後ろに居る約2mのミニマーライオン。なんだか親近感が湧きますよね! しかし、夜のライトアップされた時は少しホラーっぽい?!

住所:One Fullerton Singapore 049213
アクセス:MRTラッフルズ・プレイス駅(Raffles Place・NS26/EW14・ノース・サウス線/イースト・ウェスト線)から徒歩10分ほど
営業時間:24時間
料金:無料

3. マーライオンタワー

Photo credit: Kasumi Jou「【セントーサ島】ピンクイルカ・カジノ・ビーチ…アクティブに満喫する3泊4日」
1 2 3 4 5 6 7 8次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。