ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

京都の繁華街にある骨董喫茶。レトロな雰囲気をぷんぷん醸し出す【ライト商會】

f:id:mesitsu_la:20150930191421j:plain

猫に、骨董品に、喫茶に、ギャラリー。

京都の繁華街、寺町通のMOVIXから目と鼻の先に、ちょっとアングラな香りのするステキな喫茶店があります。

「ライト商會」という名前の、骨董喫茶店兼ギャラリー。

レトロな雰囲気をぷんぷん醸し出すこちらは、京都の繁華街のど真ん中にあります。

f:id:mesitsu_la:20150930191420j:plain

MOVIX京都の入り口横、目的が無いと絶対に曲がらなそうな少し怪しい路地をゆくと、本当にもうすぐそこです。

f:id:mesitsu_la:20150930191419j:plain

ライト商會の前から路地を振り返るとMOVIXが見えます。

f:id:mesitsu_la:20150930191418j:plain

化けて出ます、の看板。
(あとで伺うと、これはお客さんが持ってきたもので、お客さんが持って帰り次第無くなるとのこと。目印にはならないかもしれません)

ステキな骨董品の数々

f:id:mesitsu_la:20150930191428j:plain f:id:mesitsu_la:20150930191424j:plain f:id:mesitsu_la:20150930191422j:plain

店内に展示されているのは、古今東西さまざまな骨董品たち。

明治時代以降の照明・家具・食器・人形・ガラス製品等はオーナーさんが集められているとのこと。値札は貼られていませんが、これらは商品だそうです。興味のある方は、お店の人に声を掛けてみてください(素敵だ…けど、普通のご家庭にはなかなかハードルの高いインテリアかもしれません。ウチに飾っても浮くんだろうな…)。

濃いキャラの人々

f:id:mesitsu_la:20150930191426j:plain

「佐藤飛行器です。よろしくお願いします」と自己紹介頂いた店員さん(写真左) 。

思わず「本名ですか?」と訊いてしましました。「よく言われます、本名です」「ご両親、飛行器好きなんですか?」「それもよく言われます。たぶん、好きだと思います」

それから写真右、腰まである長髪の男性は写真家のかなおかだいこんさん。

ライト商會の1階は喫茶店兼骨董品店、2階はギャラリーになっています。

取材日にはあいにく展示はなかったのですが、ライト商會で何度か個展をされたことのあるそうで、取材に同席してくださいました。

かなおかさん:どうも、かなおかだいこん(ジュリー)です。

mamita:ジュリー…ですか

かなおかさん:かなおかだいこんは作家名です。ジュリーは今なんとなく考えました。

伝わり切るでしょうか、この独特のオーラ。身長180センチオーバー、腰まである天然パーマのロン毛、腕にはびっしりとアーティストの魂が刻まれています。この刻まれた魂たち、よく見ると猫とカメラなんです。

f:id:mesitsu_la:20150930191435j:plain
1 2次のページ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy