ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

デジタル化が進めば進むほど際立つアナログレコードの魅力 11月3日「レコードの日」開催 東洋化成 代表取締役社長 萩原克治氏インタビュー

デジタル化が進めば進むほど際立つアナログレコードの魅力 11月3日「レコードの日」開催 東洋化成 代表取締役社長 萩原克治氏インタビュー

デジタル化が進めば進むほど際立つアナログレコードの魅力
11月3日「レコードの日」開催
東洋化成 代表取締役社長 萩原克治氏インタビュー

アジア圏で唯一といわれるレコードプレス工場を擁する東洋化成が声かけ役となり、多くのアーティスト、レコードショップが参加するアナログレコードの祭典「レコードの日」が11月3日に開催される。アナログレコードのリリースタイトルは年々増加し、それとともに毎年4月開催の「RECORD STORE DAY」も活況を呈し、アナログレコード復活が叫ばれる中、日本発のイベント「レコードの日」は何を目指すのか? 東洋化成 代表取締役社長 萩原克治氏に「レコードの日」開催の経緯や狙い、そしてアナログレコードを取り囲む現状から、東洋化成の今後まで話を伺った。
(Kenji Naganawa、JiRO HONDA)2015年10月23日掲載

レコードの日公式サイト
「レコラボ」公式サイト
東洋化成WebSite

11月3日は「レコードの日」って知っていますか?

—— 11月3日に「レコードの日」が開催されますが、どのような経緯で行うことになったんですか?

萩原:毎年4月に「RECORD STORE DAY」(以下 RSD)というイベントが行われていまして、ここ3、4年世界的に盛り上がっているのはご存じかと思います。弊社も日本の事務局に対して協賛という形で協力させて頂いているんですが、春のRSDだけでなく、できれば年2回くらいレコードに関するイベントがあったらいいなと考えていまして、「RSDが春だったら次は秋」、しかも11月3日が「レコードの日」(※注)だということで、この日にイベントをやろうと思ったのが開催の経緯です。業界の人でも11月3日が「レコードの日」って知らないんですよね。ご存じでしたか?

※注:一般社団法人 日本レコード協会は1957年(昭和32年)11月に、「レコードの日」(11月3日)を制定した。

—— いや、私も知りませんでした。

萩原:本当にみなさん知らないんです。それはもったいないなと思ったんですよね。よく「土用丑の日」とか言って、美味しそうな鰻重とか鰻丼のポスターが貼られたりするじゃないですか?(笑)

—— のぼり旗が立っていたりしますよね(笑)。

萩原:そうです。「土用丑の日は鰻ね」みたいな。「レコードの日」も「その日はアナログレコードね」みたいになったらいいなと思うんですよね。それでレコードをリリースするにあたり、作品の中身にはこだわりたかったですし、アナログで短期的に儲けてしまおうみたいなことには絶対にしたくなかったので、我々のようなプレス会社も販売店もアーティストも、無駄なモノを作らないようにしようと心掛けました。そのためにネット予約もネット販売もしますし、もしWin-Winみたいな形があるんだとしたら、実現させてみたいと思いました。

当初はせいぜい10〜20タイトルくらい集まればいいなと、今年は小手調べ的な感覚でいたんですが、お陰様で現在65タイトル、しかも結構マニアックなタイトルも集まっていますし、気が早いですが、来年以降も継続してやれそうだなと手応えを感じているところです。

—— 「レコードの日」の構想自体はいつ頃からされていたんですか?

萩原:RSDが始まったときからその想いはありました。当初はRSDそのもののことはよく分かっていなかったですし、弊社が協賛として関わりだしたときも、せいぜい一桁台のリリースだったんですよ。それが今年は日本だけで70タイトル近くと拡がってきたので、ビックリしましたね。

—— RSDに対してはどのような想いがありますか?

萩原:見事だなと思います。今や500数十タイトルがリリースされるわけですからね。アメリカのRSDはアーティスト側が共鳴していて、ポール・マッカートニーにしてもボブ・ディランにしても、ジャック・ホワイトもそうですが、アーティストが「一緒にやろう」みたいな気運がありますよね。もちろんポール・ウェラーみたいに「RSDには作品は出さない」みたいな、そういうアーティストも出てきたり、色々欠点を指摘されたりもしますが、今、世界中で盛り上がっているアナログシーンの起爆剤であったことは間違いないと思いますし、正直「やられたなぁ」という感じはあります。

「RECORD STORE DAY」
—— すでにRSDがあるのに、なぜ「レコードの日」をやるのかという意見もあると思うんですよ。

萩原:そうでしょうね。RSDはその名の通り店舗主体のイベントである関係上、”RECORD”が主なのか、”STORE”が主なのか、曖昧な部分もありますが、「レコードの日」は”アナログレコードの祭典”として分かりやすく打ち出していこうと思っています。

とはいえ、「レコードの日」は今年4月から動き出したようなものですし、レコードの日実行委員会に、ここに同席している本根誠が加わって色々助言をくれなかったら、腰が上がらなかったと思います。幸い、開催のアナウンスに対して反響をたくさんいただき、予想を上回る数のリリースタイトルが整いましたし、ここから発展させていきたいですね。

—— 本根さんがインプットされたことはどのようなことだったんですか?

本根:私は「レコードの日」をやるんだったら「誰でも手に入る」ようにしたかったんですね。RSDの理念は「Save the independent record shop」じゃないですか。それは素晴らしいことなんですが、”independent record shop”に新幹線や飛行機で行かなくてはいけない人たちもたくさんいます。「レコードの日」では日本全国、本当の音楽好きで、その気がある人たちみんなが買えるようにしてあげたいなと思っていました。

お店の行列って凄く分かりやすいといいますか、画になりますからテレビ局も取材しやすいですし、媒体の人って行列好きじゃないですか?(笑) ただ、行列を生み出すよりも、本当に手の届くようなものを送りだしたいですねという話はしていました。

1 2 3次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。