ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

和食器は箸だけじゃない! 柄杓(ひしゃく)だって和食器であることを実践して検証する

f:id:Meshi2_Writer:20150917234407j:plain

食べ物を口に運ぶときに用いる、日本式の食器と言えば箸です。「世界の和食」を象徴するアイテムですね。

そんななか、日本の食器で一つ忘れているものがあると思いませんか。そう、柄杓(ひしゃく)です。その形状としては和のスプーンというポジションにあたるはずです。今回は、この柄杓が食器として機能することを証明し、神社に置かれているキャラからの脱却を図ります。

柄杓で食べてみよう

柄杓の本来の役割は水を汲み取ること。柄杓の歴史を鑑みても、「汁もの」への耐性は高そうです。日本式スプーンの役割を担えるのか。実際に食べて検証してみます。 

【検証その1:味噌汁】

f:id:Meshi2_Writer:20150915195559j:plain

柄杓の役割を考えれば味噌汁はいけるはずなのです。問題は具材ですね。それをすくいとって口に運べるのか。確認してみましょう。

f:id:Meshi2_Writer:20150915195620j:plain

お椀とジャストサイズの柄杓。じゃがいもをすくうのに苦戦しています。どんぶりに味噌汁をいれたほうがよかったですね。

f:id:Meshi2_Writer:20150915195724j:plain

「味噌汁」はすくって飲めました。しかし具材はすくえません。

お椀から味噌汁をすくって飲むという考え方がズレていました。鍋から直接柄杓ですくい、柄杓のまま食卓に並べたほうが、洗い物が減らせて具材も食べられます。

【検証その2:白米】

f:id:Meshi2_Writer:20150915195824j:plain

和の食器であるならば、ジャパニーズソウルである白米は食べられるべきです。

f:id:Meshi2_Writer:20151006184616j:plain

お椀からコメをすくいだすことはできました。まえもってふわっとお椀に盛っておいたほうが、すくいだすのが楽そうです。

f:id:Meshi2_Writer:20151006183744j:plain

持ち手の位置がかなり高い位置になるので、五十肩のかたや体が硬いかたにはきつい動きです。「口に運ぶ」というよりは、口に「落とす」といったほうが適切ですね。

f:id:Meshi2_Writer:20150915195924j:plain

食べた後の柄杓を見ると、ご飯粒がべたりとこびりつき、洗うにも時間がかかりそうです。ゆっくり食事を楽しむ時間がないとき、柄杓は避けるべきでしょう。

【検証その3:ナン】

f:id:Meshi2_Writer:20150915200122j:plain

いままでは箸やレンゲなど、他の道具の代わりとして使えるかどうかを検証してきました。今回は手で食べるものに挑戦してみます。ナンです!

f:id:Meshi2_Writer:20150915200147j:plain
1 2 3次のページ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy