ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

エラー率わずか0.00000625% 驚異のインド式昼食配達システム“ダッバーワーラー”

Daily News Agency

今回は『Daily News Agency』さんからご寄稿いただきました。

エラー率わずか0.00000625% 驚異のインド式昼食配達システム“ダッバーワーラー”
日本の物流システムの高い精度と速度はよく知られたところです。これは徹底的なコンピューター化と日本の道路・通信インフラの優秀さがもたらすものです。

しかしインドはもっとすごかった。社会的なインフラがまだまだ未整備なのにも関わらず、伝票もPOS端末も携帯電話も一切なんにも使わずに毎日20万食の昼食を時間通りに届ける“ダッバーワーラー”という驚異のシステムが存在しているのです。一体どんな人たちなのでしょうか。

・ダッバーワーラーとは
インドの人たちには、3食きちんと調理した温かい物を食べる、という食文化があります。これはファーストフードという文化がないということもありますし、文化・宗教が入り交じっているためタブーとなる食べ物が人それぞれに違うという理由もあります。

必然的にインドの労働者はお弁当を運ぶ人が多くなるのですが、これはどこの国でも大問題。特にインドのムンバイでは人口密度が高すぎて、職場から遠い郊外に住まないといけません。出勤時間も早くなり、お弁当を毎日早起きして作るのがぐっと大変になり、お昼には冷め切ってしまいます。それではお家で作ったお弁当を職場に届ければ? 電車で片道1時間半の道のりは、家庭の主婦にはちょっと大変です。

これを解決するのが“ダッバーワーラー”と呼ばれる人たち。ダッバーとはインドでよく使われる金属の弁当箱、ワーラーは“~をする人”の意味ですが、午前中に作ったお弁当を各家庭から集め、お昼までに届けるというお仕事です。ティッフィン(食事)という言葉を使ってティッフィンワーラーとも呼ばれます。

これが“ダッバー”。金属のおわんを重ねてひとまとめにできます。それぞれのおわんに違うおかずを入れられて、カレーなどの汁物も問題ナシ。さらに右側のケースに入れて運ばれます。
※すべての画像が表示されない場合はこちらをご覧ください。
https://getnews.jp/archives/120748

エラー率わずか0.00000625% 驚異のインド式昼食配達システム“ダッバーワーラー”

“お弁当を家から職場に運ぶ”単純な仕事に聞こえますね。でも“1日20万食”ともなると、ちょっと事情が違ってきます。

・ミスは1600万回に1回、驚異の低エラー率
ダッバーワーラーと契約しているのは現在、東京の渋谷区の人口と同じくらいの20万人ほど。ダッバーワーラーは毎日、この20万人全員の家からお弁当を集め、職場に届け、空になった容器を家庭に戻します
言葉は簡単ですがちょっと計算してみましょう。いったい1か月に何回のやりとりが発生するのでしょうか?

20万個×1日2往復×月25日で、なんと1か月で1000万回もダッバーが行ったり来たりするのです

それではこのうち、配達間違いなどのミスはどれくらいあるのでしょうか。インドでは識字率が高くないこともあり、ダッバーワーラーは携帯電話やコンピューターといった電子機器はもちろん、紙の伝票すら使いません。

そのエラー率、実に1600万回に1度。百分率では0.00000625%。つまり2か月に1回しか失敗しないというのです。

いくらなんでもウソだろう、と思って色々と検索してみたのですが「月に4回くらいミスが出る」「ウチに来てもらっていたがミスは20年で3回くらいだった」など、数字にバラツキはあるものの相当低い数字なのです。

これは一体どういう数字かアメリカの空港で荷物が紛失する確率と比べてみましょう。ある空港では1日に250万個の荷物が通過しますが、そのうち45個が紛失するそうです。回数をそろえると1600万回で288個(0.0018%)。ゼロの数が明らかに違いますね……。

もう一度言いますが、電車が誤差30秒で発着し国中でパケット通信ができる日本の話ではありません。社会的なインフラがまだまだ未整備なインドの話なのです。いったいどのように仕事をしているのでしょうか。

・超複雑なネットワークを人力で運営するダッバーワーラーたち
ダッバーワーラーは超・几帳面(きちょうめん)です。毎日必ず決まった時間に荷物がピックアップされ、決まった時間に配送され、決まった時間に回収されます。どんな理由があろうとスケジュールは変更されません。以前、イギリスのチャールズ皇太子がダッバーワーラーの仕事を見学したのですが、その時ですら一切の調整は行なわれず、訪問時間は厳密に指定されました。

朝9時頃、各家庭からお弁当を集めて回るダッバーワーラーたち。家の前に置いた包みをピックアップするシステムなので、お弁当が間に合わないと持っていってもらえないという約束。この時間帯、ムンバイ近郊の奥さんたちは忙しさのピークとなるそうです。

エラー率わずか0.00000625% 驚異のインド式昼食配達システム“ダッバーワーラー”

ピックアップされたお弁当は駅ごとに集荷され鉄道で目的地の最寄り駅まで運ばれます。

エラー率わずか0.00000625% 驚異のインド式昼食配達システム“ダッバーワーラー”

時間通り来ないことで知られるインドの鉄道ですが、なぜかダッバーワーラー達は時間通り荷物を運ぶことができるようです。

エラー率わずか0.00000625% 驚異のインド式昼食配達システム“ダッバーワーラー”

駅に荷物が着いたら自分の受け持ちの地域の包みをピックアップして持って行きます。

エラー率わずか0.00000625% 驚異のインド式昼食配達システム“ダッバーワーラー”

決められた配達の拠点についたらさらに細かくリレーされていきます。ものすごく厳密に打ち合わせができているような感じですが、途中、誰がいくつどうやって運ぶのかはまったく決められていないのです

1 2 3次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy