ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

YOSHIKIの着物ブランド「YOSHIKIMONO」”伝統と革新”が融合したショーで観客を魅了

YOSHIKIの着物ブランド「YOSHIKIMONO」”伝統と革新”が融合したショーで観客を魅了

Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO 2016 S/Sが、10月12日から18日の期間、開催される。今シーズンのスペシャルプログラムで、前回の今年3月のMercedes-Benz Fashion Week TOKYO 2015-16 A/W オープニングレセプションで、自身の着物ブランド「YOSHIKIMONO」の本格的なコレクション発表を宣言したYOSHIKI。あれから半年経った10月17日 MBFWT 2016 S/Sのメイン会場の渋谷ヒカリエで、スペシャルプログラムとして「YOSHIKIMONO」のファーストコレクションを発表した。

20時30分の開場とともに、MBFWT公式会場となる渋谷ヒカリエヒカリエホールAには、各界の国内外有力メディアやバイヤーを始めタレント、モデル、クリエイター等のセレブリティ、更には経済界の大物など多数来場され、会場内には入れきれないほどの約1200名が詰めかけこのショーへの感心の高さが伺えた。ランウェイの中央にはYOSHIKIを象徴するクリスタル・ピアノが置かれ、それを目の前にした来場者たちは、さらにショーへの期待感を膨らませた。

本番ギリギリまでリハーサルを念入りに行ったYOSIHKI。力強い和太鼓の生演奏から「YOSHIKIMONO」のファーストコレクションは厳粛なムードの中からスタート。その後、YOSHIKIが般若の姿で現れたところで会場に集まった報道関係者はもとより、来場者から一斉に向けられたカメラのフラッシュの嵐。そのまま自身のピアノとストリングスの生演奏に切り替わるという、これまでのショーにはない、まさに“ミュージシャンYOSHIKI”ならではの演出が来場者の心を我が物にした瞬間だった。

ベートーヴェン作曲ピアノソナタ第14番「月光」から始まった演奏も、チャイコフスキー作曲「白鳥の湖」、そしてYOSHIKI作曲の「ART OF LIFE」と続き、クライマックスではファーストルックを着用したモデルが、再度登場し、演奏中のクリスタル・ピアノの上でポージングするという最大の見せ場で完全に彼の世界が出来上がった。更にフィナーレにはYOSHIKI作曲の「I’ll Be Your Love」が流れる中、全20人のモデルがランウェイにラインナップされると客席からは大きな拍手が沸き上がった。

音楽同様、YOSHIKIがめざす、相反する世界の融合=“伝統と革新の融合”をベースに、固定観念から脱却した独創的なクリエーションが織り込まれた、中身の濃い全20ルックの発表となった。ショー後には、YOSHIKIを囲んだ取材が行われ、「YOSHIKIMONO」のファーストコレクションのコンセプトやショーの演出についてなど、詰めかけた多くのメディアからの質問に対応し、彼のキモノへの想いが語られた。

今回ショーには、「日本の伝統文化であるキモノを世界中に紹介したい」というYOSHIKIの強い信念から生み出されたクリエーション。そしてミュージシャンならではの”YOSHIKI”だからこその演出で終始完璧に表現されていた。それは「伝統と革新」「音楽とファッション」の融合から産声をあげたキモノブランド「YOSHIKIMONO」が、ファッッションの最先端を発表するファッション・ウィークという舞台から世界へ大きく発信された鮮烈なデビューとなった忘れなれない一夜となった。

関連リンク

YOSHIKI Official Sitehttp://www.yoshiki.net/
YOSHIKI Official Twitterhttp://www.twitter.com/yoshikiofficial
YOSHIKI Official Facebookhttp://www.facebook.com/YoshikiOfficial
YOSHIKI Official YouTube Channelhttp://www.youtube.com/user/yoshikiofficial
■YOSHIKI Official LINE Account:@yoshiki
■YOSHIKI Official Mobile Sitehttp://www.yoshiki-mobile.com

Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。