ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

静岡の深海新名物『オオグソクムシせんべい』食べてみた 結構殻を感じる…

それは一つのTwitterメッセージから始まりました。

「オオグソクムシせんべい、いる?」

静岡在住の友人からのものでした。こんなおもしろいものもちろん要ります。近々東京へ来るときに持ってきていただけるとのことで、楽しみにしておりました。
そして先日、無事受け取りました。パッケージはこちら。

【関連:ソーセー人に恐るべき刺客が!最強のウィンナーカット『ダイオウグソクムシ』爆誕!】

パッケージ写真

さてこの『焼津 長兼丸 オオグソクムシせんべい』は、焼津の漁師の発案で作られた「深海新名物」だそうです。今年4月下旬にニコニコ超会議で先行発売され、当時Webメディアを賑わせていました。

オオグソクムシは水深150~600m程度の海底に生息し、ダンゴムシを巨大にしたような外見をしています。鳥羽水族館で有名になったダイオウグソクムシよりは小さく、大きいもので15cmくらいとのこと。
甲殻類ですからエビやカニと似たような味がするのでしょうが、なにせ見た目が強烈です。旅館の夕飯に出せるような感じはしません。それで粉にしてせんべい、というところでしょうか。

それでは早速いただいてみましょう。
パッケージを開封します。

エビせんべいのような外見を想像していましたが、見た目はお米のせんべいです。分類も「米菓」。多少エビっぽい香りはあるものの、どちらかというと米のせんべいのほうが強く出ています。

中身

早速一口。
うーん、そうですね、かすかに甲殻類の味を感じます。ダシの薄いエビせんべいという感じです。
エビせんべいとは違うんだなと思わせるのは、「殻と思われる成分が口に残ること」でしょうか。パッケージにも書かれていますが、オオグソクムシの殻、結構硬いです。
しかし期待とは違うのはやはりダシが薄いというか、甲殻類っぽさが薄いのです。もっと甲殻類のダシを感じたいです。これはもしかするとオオグソクムシの身が少なくてこうなっちゃっているのでしょうか、もしくはこれ以上オオグソクムシ成分を増やすと硬い殻が大幅に増えてしまうとか。エビも殻を剥いて脚を取って頭取って…とやっていると、いわゆる身の部分は結構少ないですものね。オオグソクムシ、殻を剥いたらどの程度身が残るのか気になります。

説明書き 深海珍味

パッケージには「深海珍味」とありますが、そこまで身構えるほどでもない、ほどほどの珍味具合。ビジュアルの強烈さに対して味はいたってエビせんべい(少し薄め)、話題作りの土産物には最適です。
静岡県内のサービスエリア等で販売されているそうですので、見つけた方はぜひどうぞ。

(文:エドガー)

※「静岡の深海新名物『オオグソクムシせんべい』食べてみた 結構殻を感じる…」はおたくま経済新聞で公開された投稿です

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy