ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「ドラゴンクエストの主人公はしゃべらない」は嘘だった! けっこうしゃべる

game324

スクウェア・エニックスの人気ゲームシリーズ『ドラゴンクエスト』。同メーカーの『ファイナルファンタジー』とは違って、主人公がしゃべらないという特徴があります。プレイヤーがキャラクターに感情移入できるように、主人公は無口な設定にしているようです。

しかし、思った以上に『ドラゴンクエスト』シリーズの主人公はしゃべっているのです。たとえば、『ドラゴンクエスト1』では「いいえ もし わたしの おさめるくに が~」という内容の発言をするシーンがあります。

『ドラゴンクエスト3』ではパフパフのシーンで「おまえ好きだなぁ~」という内容の発言をします。『ドラゴンクエスト4』では主人公が混乱した際に「ぼくちゃんスライム」という発言をする場合があります。『ドラゴンクエスト6』の主人公はけっこうおしゃべりで、ベッドから落ちるシーンや、戦闘でハッスルダンスをしたときなど、ほかにも多くのシーンで話します。

まったくしゃべらないと思っていた人は、ご自分でプレイして確かめてみるといいでしょう。「主人公は意思をもってしゃべるんだ」というイメージをもってプレイをすると、新しい視点でゲームを楽しめるかもしれませんよ。

画像: ドラゴンクエスト公式サイト

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。