体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ノルウェーと日本のハーフ、オモシロ店主の愉快な立ち呑み屋【樫尾酒店】

f:id:mesitsu_la:20150930191524j:plain

“僕はノルウェーと日本のハーフです。日本語しか話せません(泣)。住まいは西大路七条です。”

f:id:mesitsu_la:20150930191550j:plain

店内に貼られた案内書きの前で顔芸を披露してくれる樫尾酒店の店主、樫尾(かしお)英理究(エリック)さん。

「今日は取材、よろしくお願いします」と名刺を交換した際「彫りが深い方だなぁ」と思いながら頂いた名刺を拝見すると、まさかの「英理究」
「え、り、く…?あれ?海外の方ですか?」と伺ったところ、冒頭の案内書きを読み上げてくださいました。よく尋ねられるんでしょうね。
ちなみにノルウェーには一度も住んだことはないそうです。

案内書きの通り、エリックさんは日本語ペラペラ、というかネイティブ、というか、コミュ症で口数の少ない私ライターmamitaよりもはるかに高いトーク力。喋りとお名前とのギャップ&愉快なキャラクターでつかみはもうバッチリOK。
さあ、今日はこの愉快なお店で呑みましょう!

西院駅のすぐ裏手、昭和な香りのする飲み屋街「折鶴会館」の一角

樫尾酒店は、西院駅の裏手、南西側へ歩いて1分ほどの「折鶴会館」の一角にあります。8件の呑み屋が入っていて、そのうち3件が立ち呑み屋だという折鶴会館。

f:id:mesitsu_la:20150930191532j:plain

樫尾酒店は道路沿いにあり、表の看板が目立つので、迷わずたどり着けるかと思います。

f:id:mesitsu_la:20150930191530j:plain

自家製おつまみ&お料理

まずは定番のポテトサラダ&大山地鶏の砂ずり燻製じゃがいもは形の残る、ゴロッとタイプ。いいですねぇ。

f:id:mesitsu_la:20150930191534j:plain ポテトサラダ (280円) / 大山地鶏の砂ズリの燻製(280円)

単品で頼んだ燻製があまりに美味しかったので「燻製おまかせ盛り」をあらためてお願いしました。エリックさんが開店前に仕込んでいるそうです。

「狭い店内で燻しているので、大丈夫か?と言われることがありますが‥」
そうでしょうね。

f:id:mesitsu_la:20150930191554j:plain燻製おまかせ盛り (580円)

この日の盛り合わせは たくあんの燻製 大山地鶏、鶏むね肉 大山地鶏、鶏もも肉 竹の子 タコ 豚耳(ミミガー) 自家製ドライトマト

でした。
たくあんの燻製、わたくし初めて食べました。すごくイケます。たくあんの塩気とスモークの香りを肴に、チビチビ日本酒をやると最高っぽいです。
茶美豚の赤ワイン煮テリーヌ。うわ、なんだこの小洒落た料理は。

f:id:mesitsu_la:20150930191536j:plain赤ワイン煮テリーヌ 580円

西院の立ち呑み屋でこんな本格的なお料理が出てくるとは。
これは美味しい…シェフ呼んできてシェフ!是非ともこの食事のお礼が言いたい!

そしてオムソバ。ちゃちゃっと手早く作ってくれたエリックさん。
ふわっとした卵に、シンプルでお酒に合う味付けの焼きそば。

f:id:mesitsu_la:20150930191543j:plain

f:id:mesitsu_la:20150930191544j:plain
オムソバ 380円

1 2 3次のページ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。