体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

エス飯好き必見! 路地裏の隠れタイ料理屋でガチンコのタイ料理を味わう【タイ屋台 琴音】

f:id:mesitsu_la:20150930184608j:plain

路地奥のアジアを求めて

メシ通読者の皆さん、サワディーカー!

エスニック料理が大好きすぎて、タイ料理屋さんでのアルバイト経験を持つライター川上です。

突然ですが! 私は今、道に迷っています(汗)。

f:id:mesitsu_la:20151001035050j:plain

京都で本格タイ料理が食べられるお店を先輩に教えてもらったのですが、薄暗い路地に迷い込んでしまいました……。GoogleMAPでは、お店はこの辺なんだけど。 

f:id:mesitsu_la:20151001035007j:plain

まずは西院の駅を出て、信号を渡り西大路通を南下。

f:id:mesitsu_la:20151001035242j:plain

コンビニの角の道を左に入ります。

入ったところでストップ。こんなところにタイ料理屋さんなんてあるのかな? もしかして、おちょくられただけなのかしら。とあきらめかけたその時!!

路地の奥に光輝くお店の看板を発見!!

f:id:mesitsu_la:20150930184555j:plain

「タイ屋台」……あれだー!! あったァー!!

f:id:mesitsu_la:20150930184556j:plain

こちらが今回ご紹介するお店、「タイ屋台 琴音」さんです! よかった~、たどり着いて。先輩、疑ってゴメンね★

到着できてひと安心。さっそく入りましょう。お邪魔しまーす!

本場過ぎるタイ料理が大量に……

f:id:mesitsu_la:20150930184558j:plain
お店は靴を脱いであがるお座敷スタイル。

カウンターと、4人掛けのテーブルが3席。コンパクトなお店です。お座敷のタイ料理屋さんって珍しいですね! にしても店長さん、お店の場所が少しわかりづらいですよね。迷われるお客さんもいらっしゃるんじゃないですか?

店長さん:そうですね(笑)。以前ここで居酒屋をしていた知り合いが店を空けることになり、「この路地裏の雰囲気はタイ料理屋に合うな」と思ってはじめた店なんです。

なぜタイ料理屋なのかとお話をうかがうと、店長がバンコク育ちだから。タイ人は基本的に3食すべて外食。街には屋台がそこかしこに並び、子どもたちは小さい頃から近所の屋台のお手伝いをして育つそう。店長もそのような環境で過ごしたため、飲食店で料理の修業をするわけでなく、自然とタイ料理を学んだと言います。

f:id:mesitsu_la:20150930184600j:plain
店内をリノベーションし、2014年9月にこのお店をオープン。「琴音」という店名は、前のお店の名前を引き継いだんですって。カウンターのタイ式屋台はなんと手づくり! 現地の調味料やジュースが並んでいます。

店員さんにオーダーを伝えると、2つのことを確認されます。

①辛さはどれくらいにするか?

タイ料理の中には、スパイスをたっぷり使用した辛いものもあります。こちらのお店は日本向けのアレンジは一切なし。現地で出されるそのままの辛さが味わえます。他のタイ料理屋さんと比べると辛いので、心配な方は「辛さ控えめ」とオーダーしましょう。

②パクチーは食べられるか?

タイをはじめ、エスニック料理には欠かせない香草。好きな人は大好きですが、苦手な人は本当に苦手ですよね。タイ料理が大好きな私はもちろんパクチーも大好き!「パクチー大丈夫です!どんと来いです!」と強気でお伝えしたところ……。

f:id:mesitsu_la:20150930184602j:plain
えびの春雨サラダ(2,000円)。価格はすべて通常サイズのものです。メニューはすべてハーフサイズにでき、お値段は半額になります。今回の注文はすべてハーフサイズを注文しました。

1 2 3次のページ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。