ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【今年も勃発!】山形芋煮戦争 ~もう、決着しなくていいじゃないか問題~

f:id:uralatokyo:20151003183817j:plain

秋の風物詩といえば「芋煮会」です。

今年も「日本一の芋煮会フェスティバル」が盛況だったようですし、職場の芋煮会、町内の芋煮会、プライベートの仲間たちと芋煮会……と芋煮疲れの方も多いのでは?

おっと、いきなり大多数の国民を無視してしまいました。

東北では「川原などで里芋を煮て食う」という秋の習慣があり、なかでも山形は盛んで、それはもう本当に盛んで、コンビニでは当然のように薪が売られますし、前述のフェスティバルでは、ショベルカーが巨大鍋の芋煮をかき混ぜます

そんな芋煮会ですが、じつは根深い問題を抱えています。

庄内地方と内陸地方で具材と味つけが違う

f:id:uralatokyo:20151003183827j:plain

山形県内では入れる具材と味つけにおいて相容れない勢力争いがあり、「牛肉なんて正気か?」「豚汁を食って楽しいの?」といった争いが毎年毎年、繰り広げられるのです。

庄内地方は「豚肉・味噌仕立て」で、内陸地方は「牛肉・しょうゆ仕立て」。

お互い一歩もゆずりません。

というわけで今回、両者の芋煮をつくって実食してみました。

コウモリ野郎と言われたくないので予め立場を鮮明にしておくと、私は山形の内陸地方出身なので「牛肉・しょうゆ派」です。庄内地方からの敵視は避けられませんが、これはもう仕方ありません。

f:id:uralatokyo:20151003183835j:plain

こちらが庄内地方の「豚肉・味噌仕立て」の材料。厚揚げを入れるのがポイントのようです。

※細かい仕様は地域や家庭で異なります。

f:id:uralatokyo:20151003183847j:plain

そしてこちらが内陸地方の「牛肉・しょうゆ仕立て」の材料。

f:id:uralatokyo:20151003183853j:plain

簡単に調理できる芋煮ですが、里芋の皮をむくのはちょっと大変です。ツルツル滑ってむきにくいのです。

調理担当の妻(埼玉生まれ、埼玉育ち)は私の要望で毎年、芋煮をつくっていますが、けっこう嫌がっています。これは「他県女性と結婚した山形男あるある」でしょう。話題が狭くて恐縮です。

まずは庄内風「豚肉・味噌仕立て」をつくってみる

f:id:uralatokyo:20151003183901j:plain

まずは里芋を入れて調理スタート。

沸騰したら一度お湯を捨てるかどうか等、地域や家庭によって細かいレシピの違いもありますが、基本的に火の通りにくいものから投入していって、後半に肉→味つけ→ネギでフィニッシュです。

f:id:uralatokyo:20151003183908j:plain

秋晴れの下、ビールでも飲みながらできあがりを待ちましょう。

本当なら川原で薪を燃やして煮たいところですが、庭でコンロを使ってもなかなか楽しいものがありました。

この写真だと、どこの亭主関白かという感じですが、妻も楽しく飲んでおり、作業中を狙って撮影した結果です。念のため。

1 2次のページ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。