ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ベトナムの治安って? 主要都市の要注意ポイントと緊急連絡先

Photo credit: Mariko「喧噪、熱気、でも可愛い。全てが混じり合うカオスな街・ハノイ」

Photo credit: Mariko「喧噪、熱気、でも可愛い。全てが混じり合うカオスな街・ハノイ

TRiPORTライターのさとりんです。
徐々に人気の観光地になりつつあるベトナム。
ビーチや緑が多く、のんびりとした時間が流れ、グルメも買い物も楽しむことができ、ホーチミン、ハノイ、フエには数多くの観光スポットもあります。
そんな魅力あふれるベトナムですが、親日でもあることでも有名です。
ではベトナムに旅行に行くにあたって、気を付けるべきことはなんでしょうか?
ベトナムの治安と、特に気を付けたいこと、場所、緊急連絡先などをまとめました。

ベトナムの治安

日本と比べると、安全とは言えませんが、殺人や強盗などといった凶悪犯罪やテロなどはありません。ベトナムで起こる犯罪は「貧困」からきているので、ぼったくりや、スリといった軽犯罪が多いです。
なので旅行客自身が、気を付けていれば全然大丈夫です。
また、タクシーやシクロで遠回りをされた! 乗ったタクシーのメーターが改造されたメーターで、ありえないメーターが表示されている!という被害なども多いようですが、日本円にすると約200~300円程度だったりするので、もともとこの料金だったんだと思ったり、チップをあげたと思ったりすれば、どうってことないこともあるので、自分の考え方ひとつかもしれません。

ホーチミン

Photo credit: Shogo Arima「ホーチミン出張」

Photo credit: Shogo Arima「ホーチミン出張

商業都市として発展しており、文化、グルメ、経済の中心地でもあるため、活気があります。現地の人たちも南国らしい気さくな方が多く、雰囲気の明るい街です。そんなホーチミンなので、ベトナムの中でも人気の高いスポットになります。特に1区は観光客が多く滞在するので、比較的安全とされています。
しかし、スリ被害は頻繁におこっていて、観光客だけでなく地元の人もスリ被害にあいます。
特に市場などは、道幅も狭く、混雑しているので、注意しましょう。

ハノイ

Photo credit: Salt Mint「ベトナム縦断旅行 & おすすめスポット! ホーチミン・ダナン・ホイアン・フエ・ハノイ」

Photo credit: Salt Mint「ベトナム縦断旅行 & おすすめスポット! ホーチミン・ダナン・ホイアン・フエ・ハノイ

ハノイは、大きく2つの地域に分かれています。1つはホテルやレストラン、デパートなどが多くある新市街。もう1つは昔の面影を残した、昔のベトナムの生活に触れることができる旧市街。ホーチミンが「動」ならハノイは「静」のイメージ。ハノイもベトナムを代表とする観光スポットです。
ハノイはベトナムの中でも、他の都市と比べるとかなり安全です。女性も深夜に出歩くことができますし、暴力や喧嘩に巻き込まれることもありません。
しかし、オールドクォーター地区など、人やバイク、車が入り組んでいるところなどでは、スリ被害に気を付けましょう。ハノイだからといって油断は禁物ですよ。
また、信号が少なく、歩行者優先ではありません。そのため、おかまいなしに車やバイクが通るので、交通事故に巻き込まれないように気を付けましょう。

注意すべきポイント

スリ

スリにあいやすいのは、人混みの多いところです。ひたっくりだと逃げにくい環境ですが、本人に気づかれないように盗むスリにとって、都合のいい場所のようです。物売りの子供たちが笑顔で近寄ってきたときも気を付けましょう。

狙われやすいもの:財布など

注意POINT
・人混みの多いところに行く時には、建物側の道を歩くようにしましょう。
・ポケットなどに貴重品をそのままいれないようにしましょう。

ひったくり

ひたっくりで多いのは、バイクに乗ったひったくりです。なので、バイクや車などの交通量が多いところは気を付けましょう。最近狙われやすくなっているのが、スマホやタブレットです。スマホを見ながら歩くのは絶対にやめましょう。

狙われやすいもの:バッグ、装飾品、スマートフォン、タブレッド、財布など

注意POINT
・車道から離れた道を歩きましょう。
・バッグはななめ掛けできるものを持って行きましょう。
・ななめ掛けしたバッグは建物側に荷物がくるようにかけましょう。
・ブランドバッグは持たない。
・貴重品は必要最低限のみにしましょう。
・貴重品は分散して持ち歩きましょう。(パスポートはコピーを用意し、現物はなるべく出さないようにしましょう)

詐欺

① クレジットカード
ベトナムではクレジットカードが利用できる場所は、ホテルやレストランと少ないですが、スキミングされる恐れがあるので、現金で払う方が安全です。

② お札のすり替え
ベトナムの紙幣は、金額に関係なく同じ絵が描かれています。紙幣を差別化するのは色のみです。そのため、薄暗い場所では、紙幣を区別することが難しいです。知らず知らずのうちにおつりを少額のお金にすり替えられていたり、こっちが渡したお金をすり替えて、足りないと言って来たりします。お金を渡す前とおつりは、しっかりと確認しましょう。

1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。