ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ダブルチーズのコクまろソースがクセになる! ガッツリ系濃厚ナポリタンをやっつけて来た

f:id:mesitsu_lc:20151007132043j:plain

数年前から「喫茶店のナポリタン」が静かなブームです。テレビや雑誌でも数多く取り上げられているほか、ナポリタンの全国コンテストも行われたほど(ちなみに、優勝したのは、オラが住む宮城のお店だったのですぞ、エッヘン)。喫茶店のナポリタンとは、玉ネギ、ピーマン、マッシュルーム、ウインナーあたりをジャジャっと炒めてトマトケチャップで味付けしただけの、昭和の喫茶店には必ずあった定番メニュー。これに、粉チーズとタバスコをドバドバとぶっかけてむさぼり食らうのが、昭和の貧乏腹ペコ若者のスタイルでありました。

あれからン十年!当時の若者たちは社会の第一線を退き、ふと青春時代を思い起こした時に、無性に食べたくなったのが喫茶店のナポリタンだったのでありましょう。オラもその例外ではなく、ある日突然、喫茶店のナポリタンが食べたくて、いてもたってもいられなくなりました。しかし、悲しい事に喫茶店自体がない。仕方なく自分で作ってみると…これが涙の溢れるほどの美味さ!秘蔵のフォークソング全集を引っ張り出し、甘酸っぱい郷愁にうっとりとひたる“ノスタル爺”なのでありました。

そんなオラが、年に何回か無性に食べたくなるナポリタンがあります。と、いってもそんじょそこらのナポリタンとは次元が違います。チーズ工場の直営カフェが苦心の末に生み出した、ダブルチーズがまったりと絡みつく、こってりまろやかな贅沢ナポリタンなのであります。お上品で少し物足りないパスタなんぞが幅を利かせるご時世に反し、お腹にズシリとくるボリューム感にも好感が持てる一品です。久々に、格闘に出かけてまいりました。

牧場の中にあるチーズ専門カフェ

そのナポリタンにありつけるのは、宮城県蔵王町。一帯は温泉旅館や別荘なども多い、宮城を代表するリゾート地で、同時に酪農や果樹栽培などが盛んな農業王国でもあります。
温泉旅館が立ち並ぶ遠刈田温泉から、酪農地帯である七日原方面へは、このこけし橋を渡って向かいます。

f:id:mesitsu_lc:20151007132709j:plain

近くには「みやぎ蔵王こけし館」という展示センターや、こけしの工房などもある、こけしの一大産地として全国的にも知られる場所です。さらに1kmほど行くと、周囲は雄大な田園風景に変ります。まるで北海道を思わせるようなまっすぐな道が延々と伸び、広大な牧場や農地が広がっているのです。この風景を見るだけでも、わざわざ足を延ばす価値があろうというものです。

f:id:mesitsu_lc:20151007132855j:plain

そんな牧場地帯の一角にあるのが、目的の「チーズ・シェッド」。このお店は、一般財団法人蔵王酪農センターが運営するカフェで、直営のチーズ工場で作ったチーズを使って様々なチーズ料理を堪能できるお店です。

f:id:mesitsu_lc:20151007132945j:plain

実はこの丸太小屋、今から30年ほど前に、センターのスタッフたちが丸太を組んで建てたものだというから驚き。直径50センチはあろうかという立派な丸太がどっしりと迎え入れてくれます。

案内してくれたのは、マネージャーの笠原さん。若い頃は厨房に入って料理に腕を振るっていたという方で、優しそうな風貌の中からチーズへの熱い想いが伝わってきました。

f:id:mesitsu_lc:20151007134232j:plain
ちょっと画質が悪くてすみません…。

取材当日はあいにくの曇りでしたが、せっかくなので外のウッドデッキで実食としゃれこんでみました。周囲に広がるローズガーデンをボーっと眺めていると、10分ほどで念願のナポリタンが、ほっかほっかの湯気を上げてやってまいりました!

チーズのプロがたどり着いた超絶ダブルチーズ!

f:id:mesitsu_lc:20151007134524j:plain

どうです、この立体感!ソースが濃厚だからこそ、この山のような雄姿を保つことができるのですぞ。実はこのナポリタンには、チーズがどっさりと入っているのです。普通のナポリタンでは、風味づけ程度に使われるチーズが、このナポリタンでは堂々の主役を張っているのです。しかも、2種類も。
1つはゴーダチーズ。1カ月以上熟成させ、コクと旨み、風味を存分に引き出したチーズです。これに、まろやかさととろけるような旨さを加える、熟成タイプのモッツァレラチーズを絶妙な比率で合わせるのだとか。さらに生クリームやケチャップを加えて仕上げたのが、チーズ・シェッドオリジナルのチーズソースなのだそうです。チーズのプロが、様々な組み合わせを繰り返し、試行錯誤の上ようやくたどり着いたのが、このゴーダとモッツァレラのダブルチーズだったというわけです。開店以来、約30年間変わらぬレシピだそうです。

1 2次のページ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。