ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 映画『ウルヴァリン:SAMURAI』のジェームズ・マンゴールド監督、米ディズニーによる映画『Captain Nemo(原題)』の監督へ
  • 小さな不満と小さな冒険 『この世に私の居場所なんてない』
  • 映画『ワンダーウーマン』、ダイアナのバックストーリーを語る新トレーラーを公開
  • 【動画】アニメ映画『ファインディング・ドリー』、両親を探すドリーの心温まる新トレーラーを公開
  • 太平洋戦争末期・命がけで子供を守った保母さん達 映画『あの日のオルガン』超貴重な集合写真と共に振り返る衝撃実話
  • 【独占記事】マーゴット・ロビー、映画『Mary Queen of Scots(原題)』でエリザベス1世を演じる交渉中
  • 完全無欠の愛所表現! アナが魅せた壁ズボ(?)に注目『ラスト5イヤーズ』
  • 映画『デッドプール』が映画『マトリックス リローデッド』を追い抜き、R指定映画の歴代最高興行総収入を記録
  • ブラピが『フューリー』ワールドプレミアに登場! 海外メディア・共演者が一様に“隊長”ブラピを絶賛
  • J・K・ローリング、映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の公開を前に新シリーズを発表
  • 米ワーナー、バットマンの映画『Nightwing(原題)』の監督にクリス・マッケイを起用へ
  • ウィル・スミス、ティム・バートン監督の実写版映画『ダンボ』に出演交渉中
  • キーファー・サザーランド、映画『フラットライナーズ』のリメイク版映画で再出演することが決定
  • リクエストで上映する映画を決定! 話題のサービス「ドリパス」社長に聞く夢を追う事の素晴らしさ
  • 「バケモノにはバケモノをぶつけんだよ!」『貞子vs伽椰子』特報映像が大反響[ホラー通信]
  • マーク・ハミル、キャリー・フィッシャーと映画『スター・ウォーズ』のトレーラーを見た思い出を語る

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

手書きのカードが気軽に作れる!グリーティングカードアプリ「Punkpost」が楽しい

punkpost_1

どんなに世の中がIT化されても、手書きのメッセージカードを受け取るのは、やはりうれしいもの。

大切な人の誕生日や記念日、お世話になった人への感謝は、お手製のカードで気持ちを表したいと思う。

しかし、ハンドメイドの場合、ある程度センスがなければうまくいかないのも、また事実。

思い立って書いてはみたものの、やればやるほど自分のイメージとは程遠くなっていく、ということも多々あるだろう。

・カード作りをアーティストが代行

punkpost_2

そんなときこそ利用したいのが、この「Punkpost」だ。

アプリから申し込むだけで、素敵なハンドライティングカードを作成できる、デジタル世代のためのグリーティングカードアプリである。

一連の作業は、驚くくらいカンタン。

アプリから好きなカードのデザインを選び、メッセージを記入するだけ。最後に送り先の住所と宛名を添えて、ぽんと送信。それで終了だ。

あとの仕事はすべて、専属アーティストが引き受ける。ユーザーから受け取ったメッセージをお洒落な手書き文字に変え、封筒に入れて相手に送ってくれるのだ。

・紙吹雪封入サービスもあり!

punkpost_3

さらに、この「Punkpost」には、封筒の中に紙吹雪を入れるという、他にはないユニークなサービスもある。お祝い事のサプライズには、ぴったりの演出だ。

完成したカードの写真は、ユーザーのアカウントに投稿されるので、ちゃんと確認もできる。どんなものが送られたのかわからない、なんてことにはならないので、ご安心を。

・大切な日をプログラム化して、さらに便利に

誕生日や記念日といった、個人的なリマインダをプログラムすることも可能。送りたいカードとメッセージを、あらかじめその日に設定しておけば、自動的にカバーされる仕組みだ。

利用料金は、初回が無料。その後は郵送料として、6ドルかかるそう。自分でカードを買うよりはるかに安いので、何かの機会に使ってみたいものである。

Punkpost

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。