ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

地中海の魅力が凝縮!南イタリアの観光地とグルメ情報

Photo credit: Karolina Stanisławska「CEFALU, Sicily」

Photo credit: Karolina Stanisławska「CEFALU, Sicily

こんにちは。TRiPORTライターのkiemiです。
イタリア観光というと、ローマ・フィレンツェ・ヴェネツィア・ミラノなどは訪れても、南イタリアを重点的にまわるという方は少ないのではないでしょうか。なんとなく治安が悪そうというイメージを持っている方もいるかもしれません。
ナポリを初めとする南イタリアの都市は、古くから交通の要衝として栄えたため、歴史的な遺跡が数多く残されています。また、紺碧の海と石灰質の土地が作り出す、地中海らしい景観が楽しめる場所でもあります。
そこで今回は、南イタリアを代表する観光スポットと、ぜひ味わいたいグルメ情報をご紹介します。魅力あふれる南イタリアに、いますぐ行きたくなること間違いなしです!

南イタリアとは

一般的に南イタリアとされるのは、カンパニア州・アブルッツォ州・モリーゼ州・プッリャ州・バシリカータ州・カラブリア州の本土7州に、シチリア州を加えたエリアです。これはイタリアが現在のイタリア共和国の形に統一される以前、この地を治めていた、両シチリア王国の領域に由来しています。

カンパニア州

ナポリ

カンパニア州の州都で、南イタリア最大の都市であるナポリは、ギリシャ人によって作られた植民都市「ネアポリス」に起源をもつ街。ヴェスヴィオ山と紺碧のナポリ湾を望む景色は、「ナポリを見てから死ね」という言葉にも頷ける美しさです。

Photo credit: Andy Rusch via flickr cc

Photo credit: Andy Rusch via flickr cc

サンタルチア港

イタリア民謡カンツォーネにも歌われるサンタルチアは、ナポリの海岸沿いに続く港。大小さまざまな船が行き交う様子が見られます。寄り添いあって景色を眺めるカップルに、どこから歌声も聞こえ…。とってもロマンチックな場所です。

Photo credit: Hazuki Ikeda「イタリアの港町 ナポリ散策 ハネムーンクルーズ」

Photo credit: Hazuki Ikeda「イタリアの港町 ナポリ散策 ハネムーンクルーズ

卵城

サンタルチア港に突き出た埠頭に建つ卵城は、12世紀にこの地にやってきたノルマン人によって建てられました。「城の基礎部分に埋められた卵が割れる時、ナポリに災難が降りかかる」という伝説があります。周辺にはレストランやバーがあり、夜はライトアップされた様子が楽しめます。

Photo credit: Chikako Murakami「イタリア6都市巡り5 -ナポリ-」

Photo credit: Chikako Murakami「イタリア6都市巡り5 -ナポリ-

卵城/Castel dell’Ovo
住所:Via Eldorado 3, 80132, Napoli, イタリア
電話番号:+39 081 795 4593
営業時間:(月〜土)9:00〜19:30(日・祝)9:00〜14:00
休業日:1/1、5/1、12/25
入場料:無料
最寄りのバス停:Chiatamone-castel dell’Ovo
ホームページ:
http://www.comune.napoli.it/flex/cm/pages/ServeBLOB.php/L/EN/IDPagina/1433?uniq=c03f7d997ec76f6a3492824028b683bc

ウンベルト1世のガレリア

コレラの流行によって荒廃した街の美化と死者追悼のために、イタリア王国2代目の王ウンベルト1世によって、1890年に建設されました。路地はガラス張りの天井に覆われ、十字に交差する部分のドームが特に美しいことで有名です。お土産を探したり、カフェで一息つくのにおすすめの場所です。

Photo credit: Global Jet via flickr cc
1 2 3 4 5 6次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。