ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

物流技術が起こした奇跡。九州に生息する珍魚・ムツゴロウに、赤坂で会える!

f:id:Meshi2_Writer:20150901193141j:plain

みなさんは、ムツゴロウをご存知でしょうか。

ムツゴロウは九州の有明海の干潟に住む魚。当然それ以外の場所、ましてや東京では生きた状態でお目にかかることはない……。
はずでしたが! 都内で活ムツゴロウをいただけるところを発見しました。今回は食材を紹介することが生きがいのメシジロウくんがレポートします。

 

f:id:Meshi2_Writer:20150901193230j:plain

活ムツゴロウをいただけるお店は、赤坂見附にある「赤坂有薫」。
そして、私の名はメシジロウ。出発前に動物っぽいTシャツを買おうと思いましたが見つけられず、探検っぽいということでこのシャツに落ち着きました。

「まえもって準備してなくてすみません!でもまあ、探検家っぽくていいっしょ!」

 

f:id:Meshi2_Writer:20150901193410j:plain

暖簾をくぐると、すぐムツゴロウはいました。
東京ではブクブクを入れた発泡スチロールの容器で生活しているようです。

「実家が豪邸だけど、上京してワンルームの家に住んでるって感じっすね」

 

f:id:Meshi2_Writer:20150901193444j:plain

早速ムツゴロウを触らせていただきました。
触られるのを嫌がることなく、悟ったように捕まっているのが印象的でした。

「思ったよりおとなしいっす。もっとぬるぬるしてるのかと思った」 

 

f:id:Meshi2_Writer:20150901193501j:plain

メシジロウくんは食材を紹介するのは好きですが、生き物とのふれあいは不慣れ。
「ムツゴロウ=ぬるぬるしてそう」という偏見で、自前でウエットティッシュを用意してくるレベルの潔癖です。  

 

メシジロウのムツゴロウレポート

f:id:Meshi2_Writer:20150901193531g:plain

「うおお!胸びれをうまく使って、つるつるのお椀でも動いてる!」

ムツゴロウはこのようにして干潟で移動しています。また、体をしならせて跳ねたりもするそうです。 

 

f:id:Meshi2_Writer:20150901193603j:plain

「おおふ……おおふ……やっぱキスとかしたほうがいいっすかね…」

「…あのー、ちょっといいでしょうか。持ちかたが違いますね」 

 

f:id:Meshi2_Writer:20150901193619j:plain

「持ちかたがあるんですか?」

「そうなんですよ、持つ時はエラのあたりをつまむように持ってください。ここに、ムツゴロウがおとなしくなるツボがあります」

 

f:id:Meshi2_Writer:20150901193653j:plain
1 2 3次のページ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。