体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ドイツのクリスマスマーケット開催都市10選とその楽しみ方

photo credit: Rene Schwietzke via flickr cc

photo credit: Rene Schwietzke via flickr cc

どうも、お初にお目にかかります、TRiPORTライターのないとぅです。

近年は日本でもよく見られるようになったクリスマスマーケット、みなさんは行ったことがありますか? (横浜のクリスマスマーケットは有名ですよね) そのクリスマスマーケット発祥の地、真冬の極寒のなかドイツではクリスマスマーケット開催期間中、街の広場は寒さを忘れてしまうようなロマンチックで暖かな光と活気に包まれます。ドイツ全土の街で、毎年2500以上ものクリスマスマーケットが開催されますが、今回はその中から特に有名な10都市のクリスマスマーケットを厳選、さらにクリスマスマーケットをより楽しむためのお得な情報も紹介します。

そもそもクリスマスマーケットって?

クリスマスマーケットは1400年頃のドイツで、クリスマスの準備のために広場に集まって、足りないものや必要なものを交換したのが始まりと言われています。クリスマスはキリスト教で最も重要なイベントの一つ、その準備は街総出であたっていたんですね。

開催時期

クリスマスマーケットの開催期間はクリスマスの4週間前(だいたい11月末)からクリスマス・イブのお昼までのところがほとんど。このクリスマス前の4週間をアドベント(待降節)と呼び、街中お祭りムードになる期間です。ヨーロッパでは、イブの夕食とクリスマスは家族で静かに過ごすものなので、クリスマス当日はお店の大半がお休み!もちろんクリスマスマーケットも例外ではないので、クリスマスマーケットを堪能するならアドベントの時期を狙って行きましょう。

クリスマスマーケット開催都市10選

1. ドレスデン

photo credit: LH DD/Dittrich (Own work) [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons

photo credit: LH DD/Dittrich (Own work) [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons

世界で最初のクリスマスマーケットの開催地と言われているドレスデン。メイン会場のアルトマルクト広場を中心にいくつものマーケットが立ち並び、中には中世のマーケットを模したものもあります。また、ドレスデンはドイツのクリスマスのお菓子、シュトレンで有名な街でもあります。シュトレンの中でも最高級の「ドレスデン・クリストシュトレン」を名乗れるのは、ドレスデンで作られた上に規定基準を満たしたものだけ。アドベント第2週の土曜日にはシュトレン祭りも開催されます。ドイツで一番美味しいシュトレンを食べてみてはいかがですか?

ドレスデンクリスマスマーケット公式HP: http://www.weihnachtsmarkt-dresden.de/ (英語ページあり)

ドレスデンへのアクセス:フランクフルトからICE(特急)で約4時間45分、ベルリン中央駅から約2時間5分、チェコのプラハから約2時間15分。日本からの直行便はないものの空港があるためドイツの他都市からの国内線でアクセス可能。

2. ミュンヘン

photo credit: Ramessos (Own work) [Public domain], via Wikimedia Commons

photo credit: Ramessos (Own work) [Public domain], via Wikimedia Commons

日本からの直行便があるミュンヘンのクリスマスマーケットは、日本の旅行者に人気が高いです。ドイツ最大の市掛け時計が有名な新市庁舎前のマリエン広場は、大いに賑わいを見せます。ミュンヘンのマーケットはクリスマス飾りの豊富さで知られています。お気に入りのオーナメントをみつけるのもいいですね!また、新市庁舎のバルコニーから奏でられるクリスマス音楽も見どころの一つです。

ミュンヘン市公式HP: http://www.muenchen.de/rathaus/home_en/Tourist-Office/Events/Christmas (英語ページあり)

ミュンヘンへのアクセス:日本からの直行便あり、フライトは約12時間。

3. ニュルンベルク

photo credit: Roland Berger (Own work) [CC BY-SA 3.0 or GFDL], via Wikimedia Commons

photo credit: Roland Berger (Own work) [CC BY-SA 3.0 or GFDL], via Wikimedia Commons

1 2 3 4 5 6次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。