ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「ありえない」が日常 − インドの寝台列車で起きたこと −

Photo credit: Eika Akasaki「【インド】寝台列車に乗ろうとしたら6時間来なかった…。」

Photo credit: Eika Akasaki「【インド】寝台列車に乗ろうとしたら6時間来なかった…。

こんにちは。TRiPORTライター、旅と写真でできている赤崎えいかです。
あなたは「ありえない旅」をしてみたいと思いますか? そもそも「ありえない」とは、どういうことなのでしょう。私たちは自然と「常識」といった共通ルールの下で生活をしており、それが「普通」であり「日常」となっているのではないでしょうか? そして、その「普通」はある程度、世界共通のものだと思います。しかし、それが通用しない国もあるのです。それを筆者が実感したのは、初めてのインド旅でのことでした。

本で読んだ通りのインドの人たち

エピソードに事欠かないインドへ行くにあたって、筆者もインド旅行の体験記などを読みあさり、心の準備も万端でインドへと降り立ちました。街中で何人かに場所を聞けば、人によって教えてくれる方向が違う。リキシャでドライバーに行き先を告げれば「そこはもちろん知ってる!今すぐ乗れ!」と力強く答えるものの、実はその場所を知らないため、いつまで経っても到着しない。挙句に「時間がかかったからもっとお金を払え」と事前交渉をひっくり返してくる始末…。こんなことはもちろん、インドを旅する上では想定内の話です。

初めてのインドで、初めての寝台列車

Photo credit: Eika Akasaki「【インド】寝台列車に乗ろうとしたら6時間来なかった…。」

Photo credit: Eika Akasaki「【インド】寝台列車に乗ろうとしたら6時間来なかった…。

「最近は列車が極端に遅れることはほとんどない」という某ガイドブックの言葉を信じていたものの、23時すぎに出発予定の列車はいつまで経っても到着せず、駅員は「遅れているが、もう少しで来る」を繰り返すばかり。結局、列車が到着したのは6時間後の空が明るくなり始めた朝の5時でした。

予約した席の場所がイマイチわからなかった筆者は、ポーターに席を探してもらうことに。するとポーターは暗く寝静まった列車内の電気を遠慮なくつけて歩き、閉まっているカーテンを容赦なく次々と開けていくのです。つけた電気も、開けたカーテンもそのままで、筆者の席を見つけると、得意満面な笑顔を向けてくれました。

列車内で起こされた理由

Photo credit: Eika Akasaki「【インド】寝台列車に乗ろうとしたら6時間来なかった…。」

Photo credit: Eika Akasaki「【インド】寝台列車に乗ろうとしたら6時間来なかった…。

不安の中、いつ来るかもわからない列車を一晩中待っていた筆者は、疲労と睡魔に襲われ、列車のベッドで即眠りに落ちました。列車の遅延により消耗した体力を10時間の移動時間で充電するつもりでしたが、インドの列車はそれを許してはくれませんでした。誰かが筆者の足に触れ、起こそうとするのです。

「チケットの確認?」と思って起きると、そこにはおじいさんが立っており、怪訝な顔をした筆者に首を傾げながら「チャイ?(インドの甘いミルクティーはいかが?)」と聞いてきたのです。駅で停まる度に、列車内に入ってきた物売りに問答無用で起こされ続け、そこに「配慮」というものは一切存在しないことを悟りました。ちなみに列車内でカレーを購入したときには「おつりがない!」と、数ルピーを返さずに物売りは去って行きました。

電車が遅れて、私が怒られる

初インドに恐れをなしていた筆者は、現地の旅行会社で様々な手配をお願いしたため、到着駅にはオートリキシャが迎えに来ていました。すると、なぜか彼らは怒っていたのです。その理由は「私はあなたを一日中待っていた。しかし、いつまで経ってもあなたは来ない!」 要は「だから余分にお金を払え!」ということ。言わんとすることはわかるのですが、筆者が故意に遅れたならともかく、旅行会社にも連絡が取れず、どれだけ遅延するかもわからない状態でのトラブルに対して、ひどく怒りをぶつけられることに理不尽さを感じつつ、疲れきった頭で「これがインドなんだなぁ」としみじみと感じました。

「ありえない旅」をしてみる

Photo credit: Eika Akasaki 「【インド】寝台列車に乗ろうとしたら6時間来なかった…。」

Photo credit: Eika Akasaki「【インド】寝台列車に乗ろうとしたら6時間来なかった…。

初めてのインド列車は筆者にとって「ありえない」の連続でしたが、回を重ねればそれが「普通」になりました。自分にとっての「ありえない旅」とはなんでしょうか? 人によっては、海外旅行をすること自体がありえないのかもしれません。「一人旅をしてみる」「とびきり高級なホテルに泊まってみる」「憧れていた国に行ってみる」「地元のバスに乗ってみる」「現地の人に自分から声をかけてみる」など…。今までしなかったことをしてみるだけで、自分の世界がぐっと広がるのを感じるはずです。
Have a nice trip!!

フォトライター:赤崎えいか

Photo by:Eika Akasaki「【インド】寝台列車に乗ろうとしたら6時間来なかった…。

インドの旅行記はこちら

*Eika Akasaki「【インド】寝台列車に乗ろうとしたら6時間来なかった…。

*Horie Kentaro「初めての海外一人旅。導かれたのは、インドでした。〜ヴァラナシ(ベナレス)編〜

*Shino Ichimiya「Ladakh – 乾いた大地と蒼い空とシャンティ

Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。