ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【連載:男子が胸キュンする言葉たち】~年上男子がキュン死する一言~

0915_19_01

年上の男性をドキッとさせるには、敬意を示すことが有効です。尊敬や憧れの念を表すことで、男性は大いに満足してくれます。そこで、年上の男性をキュン死させるフレーズ、『実はずっと憧れてました』を紹介したいと思います。

ただの後輩から恋愛対象に

ホンネスト
会社の上司や学校の先輩など、年上の男性に憧れていること伝えると、男性は途端にその女性のことが可愛く見えて仕方がなくなるのです。できればふたりきりになった時に、少し恥ずかしそうにこの『実はずっと憧れてました』というフレーズを言ってみてください。ただの後輩から、恋愛対象の女性へとランクアップするでしょう。

「ずっと」という言葉に男性は感動を覚える

ホンネスト
『実はずっと憧れてました』と言われると、「この子は俺のことを理解してくれている」と男性は感じます。自分の内面や考え方などを分かってくれている女性だと認識するのです。
 
また、このフレーズの胸キュンポイントは「ずっと」という部分にもあります。密かに自分のことを見ていてくれた、影ながら応援してくれていた控えめで優しい女性、という印象をも与えてくれるフレーズなのです。

「実は」と「ずっと」の威力がとても大きい

ホンネスト
そもそもこのフレーズは、映画やドラマなどでもよく耳にするものです。なので男性なら誰もが一度は妄想したことがあるシチュエーションなのです。そこで、この『実はずっと憧れてました』というフレーズを言われると、男性は自分が憧れていた世界の主人公になったかのような気分になり、恋に落ちやすくなるのです。

 

年上の男性を好きになってしまったなら、このフレーズを言ってみることをオススメします。年下という武器を最大限に活かせるフレーズなので、まだ気持ちを伝えられていない人はぜひ使ってみて下さい。

ホンネストの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。